愛国・愛郷の精神を尊び、日出処の民としてこの国を憂い活動します。

人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
尖閣諸島昨日も沖縄本島沖を哨戒中のわが国海自P3Cにより、支那海軍の新型フリゲート艦の航行が確認されるなど、
我が国への挑発も以前に増して行われるようになってきています。
そんな中、11月29日に「尖閣有事」を想定した日米共同演習が実施されていたとのニュースが流れています。

◆仮想「尖閣有事」で日米が初の演習 中国の軍事的台頭を警戒
「尖閣有事」で日米が初の演習 中国の軍事的台頭は、日本をはじめとする周辺諸国に強い警戒感を与えている。それが改めて浮き彫りになった。改善の兆しが見え始めた日中関係にも微妙な影響を与えそうだ。

 日中などが領有権を主張する東シナ海の尖閣諸島(沖縄県)に中国が武力侵攻し、日米が共同で対処する想定の演習を、海上自衛隊と米海軍が11月に硫黄島(東京都)近海の太平洋上などで実施していたことが29日、複数の関係者の話で分かった。
 陸自と米海兵隊は1月、米国で離島への武力侵攻や武装ゲリラの潜入に対処する共同訓練を行ったが、具体的に中国による侵攻を想定した大掛かりなシナリオに基づく日米共同の演習が明らかになったのは初めて。
 演習は海自のイージス艦など約90隻、P3C哨戒機など約170機が参加した「海上自衛隊演習」の期間中に実施、海自のほか、米海軍の空母キティホークなど十数隻が加わった。
 関係者は、尖閣有事は複数の想定の1つだったとした上で「特定の国を敵視した印象を避けるため、中国を『オレンジ』、日本を『青』、米国を『緑』などと、計8つの国と地域を色に置き換えた」と説明。シナリオは中国-台湾情勢の緊迫化を前提に、(1)オレンジ国が尖閣諸島に武力侵攻(2)青国と緑国が海上交通路を確保し、青国が輸送艦で地上部隊を緊急展開(3)青国軍が尖閣諸島を奪還する-という流れだった。
 実際の部隊の展開は、硫黄島を沖縄本島、沖ノ鳥島を尖閣諸島、四国沖の太平洋を東シナ海に見立てて実施。米空母を中心とする日米の艦艇が輸送艦を重要対象として護衛。オレンジ国軍役の海自の潜水艦などとの戦闘訓練も実施。硫黄島沖で横須賀基地(神奈川県)からの増援部隊と合流し、訓練を終えたという。
                 ◇
 【尖閣諸島】沖縄本島の西約400キロの東シナ海に浮かぶ無人の小島群の総称で、最も西に位置する面積約3.8平方キロの魚釣島が最大。1895年に沖縄県に編入され、現在は同県石垣市に属する。第2次大戦後、米国の施政権下となったが、72年に沖縄とともに返還された。
周辺海域で石油などの埋蔵資源が見つかった70年ごろから、中国と台湾が領有権を主張し始めたとされる。
尖閣諸島を含む領海域
ソース:iza(12/29 4:12)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/33335/

Wikipediaによれば

あまり知られていないことだが魚釣島には尖閣神社が建立されている。また、尖閣諸島防衛協会により、日の丸国旗のプレートが設置された。尚、北小島にも灯台がある。海上保安庁は、かつて魚釣島に仮設ヘリポートを設置していたが、中国政府の抗議により、撤去している。

とされています。
なぜ、我が国は内政干渉だとして、突っぱねることをしなかったのでしょう。
時代背景もあるのでしょうが、尖閣諸島は海洋国家たるわが国の生命線ではないでしょうか。

>周辺海域で石油などの埋蔵資源が見つかった70年ごろから、中国と台湾が領有権を主張し始めたとされる。
とあるように、
尖閣諸島の領有権問題などとは、昭和四十三(一九六八)年にエカフェ(国連アジア・極東経済委員会)が、東シナ海の大陸棚に、膨大な石油資源が埋蔵されている可能性のあることを指摘してからのことで、本来は存在しなかった問題なのです。

世界の資源を飲み干そうという中共の思惑がこれらの諸問題を生んでいるのです。

領土問題における日本側の主張(Wikipedia)
1919年冬、魚釣島に漂着した福建省恵安の漁民31人の救護活動に対し、中華民国駐長崎領事は石垣村長らに感謝状を贈っている。感謝状には尖閣諸島について「日本帝国八重山郡尖閣列島」と明記しており、当時の中国政府が尖閣諸島を日本の領土であると認めていたことは濃厚である。しかし、当時台湾も日本の領土であり、魚釣島が台湾の離島である視点から見ると当時日本の領土であると認めても自然である。
中華民国駐長崎領事が石垣村民に贈った「感謝状」

日本は日清戦争中の1895年1月14日から一貫して尖閣諸島を領有している。

尚、中華民国の国定教科書「国民中学地理科教科書第4冊」(1970年1月初版)において尖閣諸島は日本領として扱われている。

尖閣諸島の諸問題等についてはコチラを参照ください。
尖閣諸島写真地図集

まぁいずれにせよ、アレですね。
誰がなんと言おうと、尖閣諸島はわが国のものであることは間違いない、
次からは防衛省が先導して、魚釣島に自衛隊を常駐させてください。
ヘリポートだって再建すればいい。

わが国内でナニをしようが、他国から文句を言われる筋合いはないですしね。
海洋国家、日本が生き残るにはそれしかないでしょう。

中共にははっきりと、領土問題に関して、我が国を干渉するなとする姿勢を見せるべきです。

あと、わが国政府主導で資源開発も早急にすべきでしょう。

防衛省、期待しております。

わが国を切り崩して、自国のものにと目論む中共、早く崩壊しろ!!
↓↓と共感された方はクリックお願いします。

人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ←ひとりでも多くの方に知ってもらうために、こちらと、
FC2_ランキング←こちらもクリックご協力ください。 明日への活力へと繋がります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 尖閣列島ですか、シナの破約者振りは、いつもの事で、決まり事に対する一貫性など、目先の利益の為なら「問題にならない」のだそうです、ですが、その利益を公平にする為に、条約が出来、同意したから批准したわけです、国際的な決まり事ですから、例え、部分的には批准していないとしても、原則、相手側の主権を侵す行為は慎むべきでしょう、否、戦争を挑発していると言えます。

 大体。中華民国の代わりに、約束事に批准していない中共を、いきなり国連の常任理事国として認めたと言う事自体、国祭連合が如何にいい加減な機関であるかを物語っていると思います。

 第一次大戦終結後の世界体制の収拾に失敗して世の中が収まらず、ウィルソン米国大統領が提唱して、亦大戦の過剰な死者数から厭戦ムードが支配的だったので国際連盟が成立したのですが、当の米国が参加しない、破約者に対する強制力が不在等、最初から空想的な理想の産物でした、ですから、台頭するドイツを弱者=正義と見立てた、英国チェンバレン首相の宥和主義が、独裁者ヒトラーの度重なる破約行為を看過する事となって、最終的に欧州大戦が始まってしまうのです、欧州主導の国際連盟は、戦争の抑止と言う当初の目的に何等機能する事がなかったといえましょう。

 戦後、戦勝国で造った国際連合を国際連盟の二の舞にしたくないのであれば、シナの様な破約者に対する罰則を厳しく適用して、国連の主導性をもっと高めるべきでしょう、それに真に国際平和を目指す国際機関であろうとするのなら、「戦勝国の国際連合」は、もぅやめにするべきです。

 戦後の国際社会が、シナ共産党にだけ甘い態度を続けているのは何故か、シナ政府が14億の民を纏め続けている事自体、国際平和に寄与しているのだと言う説もありますが、各先進国が、いずれ巨大な消費市場に成長すると錯誤している事に尽きるのではないかと思います、安定した消費拡大は、平和裏でなければ成し得ないことです、然るに、シナ共産党が国内を抑え続けられるのは、もぅ、限界に近いと看て宜しいのではないか。

 一国に纏まったシナなら、対処の仕様も有るが、バラバラに分裂してしまえば、戦前のシナの状況に戻ってシナ人同志の殺し合いが果てしなく続くだけではなく、周辺の国々を始めとして、世界中にシナ人が分散して行く事になります、世界の本音はそこを懼れているのかも知れません。
2006/12/31(日) 12:23 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
ナポレオン・ソロさま こんばんは。
>シナの様な破約者に対する罰則を厳しく適用して、国連の主導性をもっと高めるべきでしょう。

それができていない背景としての、
>各先進国が、いずれ巨大な消費市場に成長すると錯誤している事に尽きるのではないか

未だにその錯誤が続いているのでしょうか。。。
世界中にシナ人が分散する時代など、相対したくない光景です。
さて、WW2から60余年、未だ戦勝国が歴史を綴り続けようとする世界に、敗戦国含め、我々もそうです。異論を唱える者が多くなりました。
ですがたった一世代が過ぎただけに過ぎません。
この60余年という時間を、私自身、計りかねているところがあります。
「もうよい」なのか「まだ」なのか。。。
これが我々の未来の進む道を選択する際の秤になるものだと考えるのです。
これについては、少し考えてみようと思っています。
2006/12/31(日) 23:06 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
防犯関連グッズを探すなら http://www.kyoto-shagei.com/215783/111524/
2008/09/19(金) 02:14 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://premiumkiss.blog81.fc2.com/tb.php/99-3067336f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。