愛国・愛郷の精神を尊び、日出処の民としてこの国を憂い活動します。

人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
我が国の各地で日々、捏造された自虐史観に基づく反省集会が行われ、日々ニュースで伝えられております。
その一方でなぜ、正しい歴史観を大いに語りあう集会などは大きく取り扱われることがないのでしょうか?

11月11日に長野県で開かれた産経新聞:石川論説委員「正論講演会」については、当ブログでもご紹介したところ。
これらの正しい歴史観を我が国で育てていくことに尽力したいと改めて感じている今日この頃です。

さて大紀元によれば、去る12月16日に元産経新聞論説委員:高山 正久教授による『国内外の報道についての種種の問題点』に触れながらの誤った歴史観を正すつどいが開かれたのこと。

◆帝京大学教授・高山正久氏が講演「歪曲報道」
帝京大学教授 高山 正久氏 【大紀元日本12月27日】元サンケイ新聞論説委員で「異見自在」などのコラム連載で知られ、「歪曲報道(PHP研究所出版)」の著書でもある、現帝京大学教授・高山正久氏(64)は16日、サンケイビル3Fで「正論を聞くつどい」で講演を行い、国内外の報道についての種々の問題点について言及し説明した。
 高山氏はまず「朝鮮半島の報道」について、既に冷戦構造が終焉を迎えた90年前後からすでに十数年が経過しており、ソ連が崩壊しているのに「誰も38度線で分断してくれ」とは言っていないと指摘、中東のクルド人、かつて清朝を起こした満州人、中国西端のウィグル人など一民族一言語の人々が国を持てない現実からすると、一朝鮮民族で国連二議席を持っているのは「恵まれ過ぎ」との従来から180度転回した見方を示し、「こういった問い掛けをするのが新聞だ」と述べた。

 また国内の在日朝鮮人の「特別在留権」について、米国などでは罪を犯した場合に懲役一年でも在留許可が取り消しになるが、日本では懲役七年まで滞在できるのは「おかしい」と指摘、広域暴力団の幹部で在日朝鮮人である場合は法務大臣が誰一人として追放措置に署名しなかったが、「新聞はこういったことを知らせるべき」と痛烈批判した。米国では市民権を得るのにコミュニティーカレッジに行って勉強しなければならないのに、日本は在日の帰化申請・在留許可が書類の提出のみで「簡単に降りすぎる」と指摘した。

 高山氏は、日本の報道姿勢に関し96年の「三菱自動車セクハラ事件」を例に出し、当時の三菱自動車シカゴ現地法人がその生産ラインで働く女性従業員からセクハラで訴えられ、米クリントン政権下の雇用機会均等委員会が集団訴訟として告発した件で、「本来あり得ないものが成立してしまった」と述べた。

 高山氏は、この訴訟の出所が政府の行政機関で、集団訴訟を受け付けた司法機関、これに呼応して立ち上がった米議会の女性議員、黒人議員らによる「三菱不買運動」は、三権連合による「陰謀」だと指摘、当時ロスアンジェルス支局勤務であった高山氏は、シカゴ現地に行き新聞報道のありように驚いたという。

 日本では、新聞は政府の「お目付け役」としてそのチェック機能を果たしているが、事件当時の米紙「ウォール・ストリートジャーナル」「ニューヨーク・タイムズ」などは一斉に「日本では女性の地位が極端に低い」とジャパン・バッシングを書きたてた。しかし、日本では家計は女房である女性が握っており「日本ほど女性の地位が高い国はない」と反論した。

 これは三権に新聞という第四の権力が加わった三菱への「恐喝」であり、国益のために「新聞は何ができるか」を考えさせる事件だったと指摘した。事件当時、高山氏は三菱取材のためにシカゴ現地に飛んだが、現場は米紙記者ばかりで溢れかえっていたのに、邦紙は一社も来ておらず、シカゴの日本総領事館も「ノータッチ」であったため、領事館関係者に「なぜ現地法人を弁護しないで知らんふりなのか」と詰め寄り、激怒したという。

 孤立無援の三菱は結果、3400万ドルをゆすり獲られたが、根底には東洋人に対する人種差別があり、サンケイ新聞ですら米国に対する敵対的な記事を「ご法度」にしていたという。クリントン政権の民主党は弁護士集団であり、三菱自動車の外に朝日ペンタックス、三菱ケミカル、東芝パソコン等が、米法務省を先頭に訴えられたのは、「組織ぐるみで滅茶苦茶だ」と斬り捨てた。

 こういったトラブルは、米国だけではなく中国でも同様に頻繁に見られるため、日系企業のこういった投資被害の案件については、「邦紙は勇気をもって報道すべき」であり、歴史的経緯と国際環境を勘案した上で、国難の際には「国益を代表すべき」と警鐘を鳴らした。
ソース:大紀元(06/12/27 06:04)
http://jp.epochtimes.com/jp/2006/12/html/d99366.html

彼はその著書『捏造報道~巨大メディアの「騙しの手口」~』で、朝日新聞、TBS、NHKなど我が国主要メディアを大胆に切り捨て、巨大メディアの売国っぷりをさらけ出してくれています。
尚且つ、自ら在籍していた産経新聞に対しても、その報道姿勢を問いただすなど、客観的な視点から冷静な判断ができる人物といっても良いでしょう。

「ただ問題は立派かどうかはともかく本多にしろ、筑紫や久米にしろ、少なくともジャーナリストの端くれにある者が中国人の言い分を検証もしない、調査もしないで、あたかも真実のように流してきたことだ。」
「韓国が竹島を不法占拠して、だから国際調停機関にも持ち込めないで、ただ日本がくれてやるというのを待っていることも教えてくれない。」


など日々、我々の憂慮する問題からこの本の書き出しは始まります。

かつて朝日新聞をはじめとする売国マスコミが、検証もなしに日本侵略史観を創り上げ、
さらにTVでは、中共・朝鮮をはじめとする反日国家の洗脳を受けた、田原総一郎や久米宏や筑紫哲也などが捻じ曲がった報道を行ったために、戦後我が国では、自虐史観が蔓延し、左翼が闊歩する事態となりました。

今や、多くのマスコミは信じるに値しない媒体と成り下がったと言っても良いでしょう。

既にネット上では、数え切れない有志により戦後自虐史観の過ちが指摘され、
捏造が論破され、正しい証拠が挙げられ続けるようになりました。
そういう意味では、わずかな信頼できるマスコミ媒体と、代表的なブログ・HPがあれば、正しい歴史認識を養うことも可能となったのです。
そこから得られる情報により、今置かれている我々の立場、我々の真の評価、取り巻く問題などを学ぶことができるようになりました。


「声を上げなければ」と始めた当ブログも、皆さんに選択される媒体となるよう、心新たに奮起していきたいと決意すると共に、
捏造や歪曲に惑わされる者に対する、高山正久氏の真実を伝えるその姿勢、大いに見習い、実践していきたいと思います。

マスコミの売国・捏造・歪曲報道の垂れ流しは、徹底的に取り締まれ!!
↓↓と賛同される方はクリックお願いします。

人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログへ←ひとりでも多くの方に知ってもらうために、こちらと、
FC2_ランキング←こちらもクリックご協力ください。 明日への活力へと繋がります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 高山さんはお名前ダケ存じておりましたが、産経新聞社のご出身だったとはね、こちらは現役ですが黒田勝弘さんも産経ですね、どちらもコメントに切れ味が有って、読んでいてスカッとしますね、正鵠中のその亦一点を衝いた発言を成される。

 これはその人の基本に、常に「正義とはナニカ」を問い質す姿勢が深く根付いて居るからでしょう、國として有るべき姿、行動すべきタイミングを心得て居れば、国益を擁護する言辞を発した場合でも、中心がブレず、決して偏らない報道となるお手本の様なお二方だと思います。

 これからジャーナリズムに携わる方々は、こういう在り方を目指さねばならないのだと感じます。
2006/12/27(水) 16:27 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
 初めて読ませていただきましたが、大変内容のある記事で勉強になりました。
 TVはひどいもので、キャスターでトークに頷ける者はおりません。
 日テレの”頭の中も0(ゼロ)”のキャスターも素人左翼です。
 細木数子さんがキャスターになれば痛快ですが!(笑)
2006/12/27(水) 19:54 | URL | 柳生すばる #AKpwF7Vk[ 編集]
ナポレオン・ソロ さま
柳生すばる さま
コメントありがとうございます。
正義とは何か、わが国と将来の子供たちのために正しい道を辿り、誇りある国家にするために、日々学び、確固たる信念のもと発言していきたいと感じております。
今後ともよろしくお願いいたします。
2006/12/28(木) 13:23 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
ヨガ・ピラティスを探すなら http://www.aceauto-net.com/101070/407916/
2008/09/24(水) 23:30 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://premiumkiss.blog81.fc2.com/tb.php/93-2773be27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。