愛国・愛郷の精神を尊び、日出処の民としてこの国を憂い活動します。

人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
以前よりTV・ネットなどで頻繁に取り上げられることの多くなった、「給食費未納問題」。
「給食を出してくれと頼んだ覚えはない。」などと平然と言ってのけるバカ親たちがいます。

あまりに大きくなり、ほっておけない状況に、各学校も一丸となり給食費の督促に臨んでいるも、「今はお金がない。」「来月には必ず払う。」とのらりくらり。

ついに法的措置に打って出る自治体も現れました。

◆悪質な給食費未納 12市町村が法的措置
□計3000万円 給料差し押さえも

給食未納に対する主な法的措置
 深刻化する給食費未納問題で、法的措置の導入を表明する自治体が相次いでいる。“強硬策”をとった自治体は少なくとも12市町村あり、請求額は総額約3000万円(約270世帯分)に上ることが23日、産経新聞の取材で分かった。
中には保護者の給料を差し押さえて徴収したケースも。今後も悪質な未納者には、厳しい態度で臨むというのが時流になりそうだ。(池田証志)

 経済的に困窮しているわけではないのに給食費を支払わない保護者に対し、最終手段である「強制執行」を実施したのは広島県呉市。

 数回にわたる書面での催促に応じなかった2世帯への支払い督促を4月、簡裁に申し立てた。2世帯は簡裁から督促状が送達された後も支払いに応じなかったため、同市が財産差し押さえの仮執行宣言を得て、保護者の勤務先に連絡し、給料約17万円を差し押さえた。訴訟費用約2万7000円も保護者負担だ。

 呉市教育委員会は「毎年100万円程度あった未納金が16年度分は19万円になった」と法的措置の効果を強調する。

 支払い督促では解決せず、財産差し押さえの仮執行宣言を取らざるを得ないケースは少なくないが、市民感情への配慮などから強制執行にいたる場合はほとんどなく、呉市のケースは究極の“強硬策”だ。

 新潟県阿賀野市と宮崎県日向市は当事者の話し合いを重視し、民事調停を申し立てている。

 広島県庄原市は77カ月分の給食費約70万円の支払いを求めて本訴を起こした。3人の子供の給食費だけでなく保育料、税金まで滞納していた保護者は裁判で、「義務教育だから払わない」「頼んでない」などと持論を展開した。

 広島地裁はこれらの反論を認めなかったが、今月13日の判決で保護者に支払いを命じたのは「約10万円」。督促の時効(2年)分を差し引いたためだ。庄原市が保護者の「いずれ払う」という言葉を信じて待った期間は時効とされた。市担当者は「行政も甘い考えを持ってはいけない時代かもしれない」と話す。

 一方、法的措置を取ったにもかかわらず、逆に未納額が増えた自治体もある。

 法的措置の件数、金額ともに最多の岩手県滝沢村は、16年3月から今年2月にかけ、64世帯の未納金計950万円の支払い督促を申し立てた。この結果、約40世帯が完納あるいは分納に応じたが、15年度の未納総額2600万円が、法的措置導入後の17年度は3500万円に増えた。

 同村では「負担の公平性の観点から法的措置を取ったが、未納の増加に追いつかない」と悲鳴をあげる。昭和59年に支払い方法を集金袋から口座振り込みに変更。「子供に分からないので未納が増えてしまうのでは」との見方も出ている。

 法的措置以外の方法で徴収に知恵を絞る自治体も少なくない。集金袋の復活、収納補助員の配置、分割払い、滞納者には給食停止…。それぞれにそれなりの実績をあげてはいるが、各地で法的措置を取る自治体や給食センターがここ数年、増加傾向にあることは間違いない。新潟市や福島県いわき市などは最近「法的措置の導入を検討する」と正式表明し、この傾向は今後も強まりそうだ。

 文部科学省は未納実態の全国調査を実施中で、結果がまとまれば、法的措置を導入している自治体の数は膨らむとみられる。同省学校健康教育課は「それぞれの地方の実情にあった徴収方法が望ましい」としている。
ソース:産経新聞(2006/12/24 07:03)
http://www.sankei.co.jp/kyouiku/gakko/061224/gkk061224000.htm

日本国憲法の第26条第2項
「すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。」

と定められておりますが、
判例(義務教育教科書費国庫負担請求訴訟事件 最大判昭和39年2月26日)によれば同条の無償とは授業料の無償を意味し、教科書、学用品その他教育に必要な一切の費用まで無償としなければならないことを定めたものではないとする決定が下されています。
当然、給食費においても無償の外であり、就学に支障のないサービスを享受するのならば、対価を払うべきなのです。

って、当たり前のことを書かなければならないのが恥ずかしい。。。

現代における義務教育の『義務』とは、もはや親に課せられた、わが子への就学・教育の義務だと考えています。

学校の先生たちが未納家庭に督促に駆けずり回る中、
「給食を止められるもんなら止めてみろ!」
と平然と言ってのけたバカ親。

TVの取材で、給食費未納なのに何万円も子供の携帯料金を払っていることを指摘され
「そりゃ払いますよ、給食より携帯のほうが大事だからぁ~」
といった、払う能力があるのに給食費を払わないバカ親。

もしかしてあんたら、我が国の給食制度崩壊を企む北の工作員だろ。w


生活保護を受ける世帯には学校給食費は上乗せして支給されています。
それでも支払わない世帯が存在しています。
生活保護受給世帯にも様々あるため、彼らの全てをひと括りにして考えるつもりもありませんが、
支給外にして、給食費免除をする検討も必要でしょう。

かつて聞いた話では、生活困窮家庭の給食費を、担任教師や校長らが立て替えて子供を支えている実態もあったそうです。
子供時代、美談だと感じていました。
しかし、もはや食糧難を脱した飽食の時代。
明らかに親のバカさからきている実態なのです。
こうした悪質な給食費未納家庭には、裕福な世帯も多々あるのが驚きです。


一部で、給食費を払わない家庭の子には、給食を食べさせるなという議論まで巻き起こっていますが、
恐らく当該家庭の子の中には、その事態すら知らない子供たちも多くいることと思います。
そういった子供たちには、罪などないと思うのです。

学校側も、親と子の3者面談時に、これを明らかにし、子供にも考えさせるようしてはどうでしょうか?
そこで当該家庭に対し、「○月×日を期限として、給食を停止します。」と伝えるのも一つ。


私は、大人になって給食のありがたさ、皆で食べる大切さを知りました。
義務教育次代の給食をなくさないでほしい。
私には、給食の思い出がたくさんあります。 

だから、すべての子供がのびのびと学校で生活を行うために、法的措置で是正できる問題であれば、是非ともバカ親の給料を差し押さえていただきたい

こんなことで、子供たちが親のエゴの犠牲になるのが、忍びない。
と感じています。

給食費未納など言語道断!恥を知れ、バカ親共!!
↓↓と賛同される方はクリックお願いします。

人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログへ←こちらと、
FC2_ランキング←こちらもクリックご協力ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 これは、他のブログに書きましたが、そう言う奴ら(親)は、名前を公開してやるべきでしょう、ネットなり全国に流れる奴で、横に職業を入れて欲しい、ワケの判らない理屈を捏ねているより、世間に訊いて見て貰ったらどうだろう、世間の常識のレベルが判って、本人の為に成るでしょう。

 しかし、きっと「そうすれば、それが子供のイジメの原因になる」と言い出す連中がでてくるでしょう、でも、親の選択でそうなったんですから、学校側の責任は半分以下でしょう、否、責任問題云々より、「給食費を払わない」と屁理屈をこねる前に、皆でワイワイ言いながら御飯を食べる楽しさを親の非常識で体験できなくなる、子供の意見は聞いたのかと訊きたい。

 なにより、子供から選択肢を奪っていないか、それが子供の人権を奪っていないか、己の胸に訊いて見よ。
2006/12/25(月) 12:02 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
ナポレオン・ソロさま こんばんは
>皆でワイワイ言いながら御飯を食べる楽しさを親の非常識で体験できなくなる、
まさしく、義務教育の良き光景がバカ親のために存続の憂き目にあっており、許されざることだと感じます。
厳しい処置により、速やかな改善を望んでやみません。
2006/12/26(火) 00:12 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
デジタルコミックを探すなら http://www.jpnet.info/402853/411448/
2008/09/29(月) 22:39 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://premiumkiss.blog81.fc2.com/tb.php/88-a23897f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。