愛国・愛郷の精神を尊び、日出処の民としてこの国を憂い活動します。

人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
先日来当ブログでも取り上げている、本間正明氏の一連の不逞問題。
数日間マスコミに取り上げられ、閑々諤々あった挙句、ようやく職を辞する決意をした模様です。

◆本間政府税調会長、辞任へ
 政府税制調査会(首相の諮問機関)の本間正明会長(大阪大大学院教授)は21日、公務員官舎に不適切な形で入居していたとされる問題の責任を取り、安倍晋三首相に辞意を伝えた。塩崎恭久官房長官は同日午前の会見で「今朝、安倍総理に電話で一身上の都合で辞任したいという強い申し出があり、受け入れた」と述べ、安倍首相も辞任を了承したことを明らかにした。政府・与党内からの批判が相次ぎ、本間氏は職責を果たせないと判断したようだ。就任から、わずか1カ月半での辞任となるだけに、今後の政権運営に打撃を与えるのは必至だ。

 本間氏は政府の経済財政諮問会議の民間議員を務めていた平成15年1月から渋谷区内にある3LDKの官舎(家賃7万7000円)を使用していた。今月11日発売の週刊誌で、同居人として申請していない、家族ではない親しい女性と同居していると報じられた。これを受け、与党内から「税調会長がああいう報道をされること自体問題などと批判が相次ぎ、自民党税制調査会の津島雄二会長らから更迭論が出ていた。

 安倍首相は「職責を果たすことによって責任を果たしてもらいたい」と擁護してきた。本間氏も「深く反省している。職務を全うしたい」とし、政府税調の活動が「閑期に入る」ことを理由に12月18日には官舎も退去したが批判は収まらず、安倍首相も本人の辞意を受け、会長交代で事態の収拾を図ることにした。
ソース:産経新聞(2006/12/21 12:13)
http://www.sankei.co.jp/seiji/seikyoku/061221/skk061221001.htm

辞めて当然でしょう。
ただ、官舎入居問題については、結局のところどうなんでしょう。

大阪大学大学院教授である本間氏がなぜ東京の官舎を借りられたのか。
実際、13年1月から今年10月まで務めた経済財政諮問会議議員としての東京での会議は、月3回程度しか開かれておらず、
非常勤の立場上、規約上も借りることの出来ない官舎に居住していた実態、(愛人も同様です。)
読売の記事によれば、財務省が『特例』で認めたとありましたが、法令規則上『特例』解釈があるんでしょうかねぇ。。。
いったい、誰が説明してくれるんでしょうか?

>政府税調の活動が「閑期に入る」ことを理由に12月18日には官舎も退去した
との記述がありますが、官舎入居問題からは目を逸らしたいとの意向なんでしょうか?
それとも、全く問題はないとの見解なのでしょうか?

いずれにしても、成長戦略を掲げる安倍政権発足後、税調会長に座ること実に1ヵ月半。
この間に行われ、先日政府に提出された、税制改正の答申のあり方に大いに疑問を持っています。
本来なら、年明けから法人税率引き下げについて検討する予定のハズ。
税調トップが不逞により、国民不振を招いた事実を認識するのなら、政府は再度同答申の中身を厳密にチェックすべきではないでしょうか。

まぁ『しがらみ団体連合会?』が怖くて、そんなこと微塵もできないでしょうけど。。。

法人厚遇の一方で、消費税大幅引き上げなど、この期に及んでは認め難い!!
↓↓と賛同される方はクリックお願いします。

人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログへ←こちらと、
FC2_ランキング←こちらもクリックご協力ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 この愛人というのは、大阪の北で高級クラブのママをやっている人らしいが、本妻と別居状態にある本間教授とは、もぅ何年も付き合いがあって本妻同然らしい、大阪勤めなら、ママの自宅が有るわけで困らないが、本間さんが東京で税調諮問会議が終わるまでの間一緒に居る処がバカ高い、官舎なら7万7千円だが、普通にマンションを借りると月70万円以上するらしい、関東では敷金も返ってこないらしいし、其れで「短期だから良いか」と、つい住み込んでしまったのじゃなかろうか、ママにしてみれば、大事な店を休んででも傍に居たかったんだろうけど、ケジメは着いてないワナ、若干気の毒ではあるが、判断をミスりましたね、本間さん。
2006/12/21(木) 23:19 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
>ナポレオン・ソロ
コメントありがとうございます。
本音を言えば、気が大きくなっていたところで、頭を打たれたというところでしょうか。
和歌山の知事然り、宮崎の知事然り、どうも引き際の不恰好さが皆重なって見えるのが、そういうことなんだろうな。。。と
官舎の廃止を積極的に吹聴していた本人が、これではけじめが付かないでしょう。
決してイジワルでいうわけではないのですが、
我々の生活と深く関わり、我が国の命綱とも言える税制改正。
大きく関わったからには、気の毒ではありますが、明確な説明を行っていただきたいと願っています。
2006/12/22(金) 01:04 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://premiumkiss.blog81.fc2.com/tb.php/83-bfab3e61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。