愛国・愛郷の精神を尊び、日出処の民としてこの国を憂い活動します。

人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
韓国KBSのサイト上に意味不明なニュースがありました。
読む限りでは、責められているようなんですが。。。

我が国の行動は、何一つとっても責めるに値するという価値観なんでしょうね。(´・ω・`)

◆在日朝鮮人の北韓への送還 日本政府が事前に企画
1959年から始まった在日朝鮮人およそ10万人の北韓へのいわゆる送還事業は、人道上のレベルによるものではなく、日本政府のち密な企画によるものだったと、筑波大学の博士課程にいる韓国人のオ・イルファン氏が、論文で明らかにしました。
この論文は公開された日本の外務省の極秘文書と国会の議事録などにもとづいて作成したもので、論文によりますと、在日朝鮮人の北韓への送還事業は、日本政府が1950年代初め、北韓に残っていた日本人を帰国させるために、北韓側に在日朝鮮人の送還を先に提案しました。そして日本政府は1954年、北韓側が先に在日朝鮮人の送還を提案するよう日本赤十字社を通じて裏から要請し、そのための会談を平壌と中国で行いました。当時日本の外務省は生活保護者に指定された在日朝鮮人がおよそ8万人にのぼって17兆円という財政負担になるとして、帰還させるのがよいという意見を盛り込んだ極秘の報告書を作成しました。
この報告書は、日本政府が当時人権問題よりは在日朝鮮人を追放する意図を持っていたことを示すものであることから注目されています。論文を書いたオ・イルファン氏は「在日朝鮮人の帰国事業は、これまでは赤十字社間の合意によるとされていたが、実は日本政府が特定の目的のために進めたものだったという事実が分かった点が重要だ」と話しています。
ソース:KBSワールドラジオ(2006-12-20 10:00:52)
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_detail.htm?No=26029

常日頃から、
日帝に強制連行された。
帰りたかったのに帰れなかった
といい続けてきたかと思えば、

祖国に帰国できた過去を取り上げ「追放された!」とは?

当時の総連等は「北は地上の楽園」と宣伝し、
北朝鮮自体、積極的に事業推進を行っていたと認識しています。

それとも、
「過去に北朝鮮へ帰国事業を行った日本は、(現在における北朝鮮が人権非難を浴びる事態となっていることから)非人道的だ!」と言いたいのか。。。?

事業に参加した日本人の思い出1995年9月号『正論』『わが痛恨の朝鮮半島(佐藤勝巳)』を一読ください。


しかし、
>生活保護者に指定された在日朝鮮人がおよそ8万人にのぼって17兆円という財政負担になる
この異常な数字を考えれば、我が国国益の観点から、非難されるいわれもないと思うのですが。。。
なにかウラでもあるんでしょうか?

某巨大掲示板では、こんなコメントも。

68 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2006/12/20(水) 23:30:10 ID:foctxipc
ほう。
「半島に帰国させること」それ自体を永久に封じようとしているわけだな。

ようやく全体像が見えてきたんじゃね?
昨今の「人権」や「人道上」云々の話は
すべて「在日帰国を封じること」に繋がるわけだ。

このニュースによる今後の反応が気になります。

被害者性を強調する「在日イデオローグ」に騙されるな!!
↓↓と賛同される方はクリックお願いします。

人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログへ←こちらと、
FC2_ランキング←こちらもクリックご協力ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
在日は不法入国の犯罪者の子孫であるということをまず認めなければ話は進まない。

不法入国者は国外退去させらる。当たり前の措置である。文句があるなら祖国にいえ。
2006/12/21(木) 09:27 | URL | 日本人 #-[ 編集]
>北韓側が先に在日朝鮮人の送還を提案するよう日本赤十字社を通じて裏から要請し、そのための会談を平壌と中国で行いました。
 日本政府は、自国の未帰還の半島居留民を國に帰そうと努力したワケで、その対案として、北の相互主義的な提案を受け入れたのだから、全く問題はない、朝鮮、当時国家予算さえ1兆円にも届かない状況で、半島での立国と同時に国籍が変わって外国人となった在日朝鮮人達に、生活保護費として17兆円も支払う由縁は無いワケですし、国内外の入出国管理法令上の整合性を取り戻す意味でも、在日朝鮮人の半島国家への帰還は望ましかったワケです、加えて、国籍保持国政府からの要請が有れば、それに応えるのが当然、日本は国際的道議に従って帰国事業を行ったに過ぎない、しかも国費で。

 どこに、朝鮮人を「追放」した事実があるか。

 大体、筑波大学もこんな反日外国人を研究生として設備を提供して、公開されたとはいえ、嘗ての国家機密を閲覧させるのは、如何なモノかと思う、結果、この日本の善意を嘲笑うが如き、侮日感情で一杯のレポートでしょう、何処に「博士」論文に繋がる論理が有るだろうか、筑波大学がこんなレポートを博士論文として、博士号を授与するのなら、来年から、日本の国立大は解散して、朝鮮国の大学の分校として、再スタートして欲しい。

 在日朝鮮人達も、一体全体、帰りたいのか、帰りたくないのか、自分たちの立場をはっきりするべきでしょう、無理矢理連れてこられた、との嘘八百を何時までも言うなら、実は「帰りたい」と云っているのと同じだろう、上記に云う帰還事業の際、国費から帰還費を既に渡してある筈だから国費はもぅ出せない、帰らないので帰化するので有れば、その帰国費は日本国に返すのが筋だろう、帰るのなら戦後の貧しい時期ではない、自費で帰れば良いではないか、そして二度と帰ってこないで欲しい、反日、反国家の異分子は少ない方が良いのは間違いないから。
2006/12/21(木) 18:02 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
>日本人さま
>ナポレオン・ソロさま
コメントありがとうございます。
日々、被害事件が多発する我が国にあって、我々が彼らを疎ましく思うのはしかたのないことだと考えています。
しかし察するに、彼らはもはや、祖国からも疎ましく思われている存在となっているのではないでしょうか。
もしそうであれば、在日の方々は、我が国で我が国国民以上に従順に生活する必要があるでしょう。これ以上、我々の生活を脅かさないでほしいと痛切に思っています。
それが嫌なのであれば、我が国からはお引取りいただきたいものです。
2006/12/22(金) 00:41 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://premiumkiss.blog81.fc2.com/tb.php/82-91322247
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。