愛国・愛郷の精神を尊び、日出処の民としてこの国を憂い活動します。

人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
さて、前のエントリーでは我が国を蝕む犯罪者集団支那人に焦点を当てましたが、今度は朝鮮人です。
当然我が国にとっては、こちらも『害』ある人種。
支那人と比べても、勝るとも劣らないといっても過言ではありません。

国内での、女性に対する極悪非道な犯罪の多くは朝鮮人によるものといっても良いくらいです。
これら犯罪の多くは、いわゆる「通称名報道」によって、韓国籍などを隠した報道が平然と行われているのが実態であり、国民はマスコミに騙され続けている実態があるのです。

さて、我が国でも特に酷い汚染地域と考えられている大阪で、
平然と我が国に対する唾吐き行為が行われています。

◆改正教育基本法:コリアンNGOセンター、成立受け声明発表 /大阪
 「改正教育基本法」が与党の賛成多数で成立したことを受け、民族教育の権利確立や、人権保障などに取り組む「コリアNGOセンター」(大阪市東成区)は16日、「改訂教育基本法成立にかかわっての声明」を発表した。

 教育基本法の審議が、在日コリアンをはじめとする多民族・多文化の子どもたちの教育や人権について「なんら触れられないまま進んだ」と批判。「改訂法では『愛国心』や『郷土愛』を徳目として位置づけており、多民族・多文化の子どもたちの存在がさらに軽んじられ、これまで以上に萎縮(いしゅく)を強いられないかと強い危惧(きぐ)を抱いている」としている。

 その上で今後、学習指導要領や教育振興基本計画など、関連法規の改定論議では「日本政府も批准する国際人権諸条約の趣旨を踏まえた人権教育や多民族・多文化共生教育」を位置づけることを要望。その中で、「愛国心や郷土愛が強調されることのないよう」求めた。【中村一成】
ソース:毎日新聞(2006年12月17日)
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/osaka/news/20061217ddlk27040339000c.html
【関連】Watch!:人権擁護法制 確立目指し研究者ら報告--大阪市内で集会 /大阪ソース:毎日新聞(2006年12月17日)
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/osaka/news/20061217ddlk27040336000c.html

>「愛国心や郷土愛が強調されることのないよう」
とは、どういうことか!
祖国を離れ、他国に居座るからには、その国を貶める思想を振りまくことなど言語道断だ! といいたい。

我が国が我が国の伝統と文化に基づき、愛国を尊ぶ教育を行うことが、そんなにも脅威と感じ、生活できないことなのであれば祖国へ帰ればいいでしょう。
自国への愛国心も誇れる文化も持たず、傍若無人な振る舞いを続ける朝鮮人は我が国に必要ありません。


一方、【関連】として挙げた記事、人権擁護法案など我が国国民にとっては不要であり、朝鮮人が率先して確立を目指すなど、我が国に対する侵略行為以外なにものでもないでしょう。

↓↓『人権擁護法案』は詳しくはこちら
■□■人権擁護法案反対VIP総司令部まとめサイト■□■

簡単に説明すれば、人権委員会の下に人権擁護委員なるものを配置し、彼らのいう人権侵害が法に則り取り締まられる制度です。
問題は、外国人でも人権擁護委員となれ、自分たち(朝鮮人ネットワーク)にいくらでも都合の良い、強権発動が行われることにあります。
我が国国内においてなのです!

先日の兵庫県商工会の鮮人取締りは皆さん、ご記憶に新しいと思います。
その場において「人権侵害」と筋違いな叫びを上げる輩がいたのは、TV報道等でも流されました。

◆「警察は帰れ」シュプレヒコールと怒号
「警察は今すぐ帰れ」「人権侵害だ」。税理士法違反容疑で兵庫県警が5日捜索に入った在日本朝鮮兵庫県商工会(神戸市中央区)前では、商工会関係者のシュプレヒコールと怒号が飛び交った。
<――以下略――>
ソース:日刊スポーツ(2006年12月5日12時57分)
http://osaka.nikkansports.com/news/f-on-tp6-20061205-126213.html

人権擁護法案の下では、このような理不尽な朝鮮人の要求が通りかねない事態となるのです。
あの有名な、奈良市の極悪職員の所属する『部落開放同盟』もこの人権擁護法案を強力に推進するメンバーであり、(参照:現役雑誌記者による、ブログ日記!
一部で売国議員と揶揄される、二階氏も強力に推進を推し進めている人物なのです。

さて、先日来世間をにぎわせた自民党の「造反組復党問題」。
その中で焦点とされた、平沼赳夫議員は、安倍総理と一緒に人権擁護法案に反対していた代表的な議員であり、
一方、野田聖子議員のように、古賀議員や公明党、部落解放同盟と一緒に法案が通るように働きかけていた議員もいるのです。
そんな中、中川幹事長が『踏み絵』によって、排除しようとしたのはなんだったのか、考えていただきたいと思います。

平沼赳夫が直ちに自民党へ復党できなかったことが、とりあえずは惜しいです。
安部総理は、中川幹事長などに人選権をあたえず、わが国のことを第一に考えていた以前に立ち返り、直ちに無条件で平沼氏の復党を実現させるべきだと思います。

我が国の政治、教育、文化すべてに、我が物顔で口出しをしてくる、洗脳集団『朝鮮人』など、野放しにしてはいけない存在であり、
そのネットワークは、完膚なきまでに叩き潰す必要があると考えています。

これは、我が国主権に対する重大な侵害行為であり、断じて許すことの出来ないことなのです。
我が国国民の人権を脅かしてまで、ごく一部の朝鮮人人権を優先するなどどう考えても正常なものではないでしょう。

当ブログを訪れた方々も、是非ともこの『悪法 人権擁護法案』を改めて広く知らしめていただくよう、声を上げていただきたいと願います。

政府は、朝鮮人ネットワークに対し組対法を適用せよ!!
↓↓と賛同される方はクリックお願いします。

人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログへ←こちらと、
FC2_ランキング←こちらもクリックご協力ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
隣国の人びとを口汚く誹謗する君
あまりにも下品ですよ!
君のような人間が国を滅ぼす!
2006/12/17(日) 20:33 | URL | 愛国人士 #-[ 編集]
>愛国人士どの
祖国でプロパガンダの洗礼を受け、隣国に居つきながら反日行動を繰り替えず人民に、我が国民はあまりにも無防備であり、それが警鐘を鳴らすゆえんです。
私が国を滅ぼす? いいえ。
そんな隣国の人々を諸手を挙げて迎え入れる風潮が我が国を滅ぼすのです。
我が国主権を脅かすものには、断固たる主張を行ってまいります。
(反日)愛国人士を名乗るあなたの主張は、我が国愛国・憂国の民と相容れぬものなのでしょう。
2006/12/17(日) 22:04 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
普通に感想。

『は?日本の法律である教育基本法になんで在日コリアンが関係あんの?
外国人が口挟む問題じゃないし。
ってか、オメーら外国の地(日本)に勝手に住みついて
その上さらに外国(日本)の金で生活しながら
外国(日本)を貶めてホルホルしつつ
自国の捏造マンセー民族教育やってんじゃん。
感謝されこそすれ、イチャモンつけられるいわれは無いわい。
関係ないヤツは黙ってろ。』


って思った日本人は多い。
2006/12/18(月) 02:14 | URL | くるりん #-[ 編集]
日本国は君だけのための国じゃないのだよ。
自分の気に入らぬ人に「反日」「反日」とわめくのはよしなさい。
どこの国でも多くの人種とさまざまな文化が共存融合しながら発展していることを知ってほしい。
寛容な国、世界から尊敬される国を造ろうではないか!
2006/12/18(月) 09:42 | URL | 愛国人士 #-[ 編集]
>日本国は君だけのための国じゃないのだよって、そんなことはみんな分かってます。でも日本は日本人のための国です。
百歩譲って、>どこの国でも多くの人種やさまざまな文化が共存融合しながら…(って、えぇ?ほんとですか?)ここは日本であって、世界の国々にはそれぞれ個性があるし、何もかも他の国と同じようにしなきゃいけないいわれはないじゃん。
南北朝鮮の国家は朝鮮人のための国でもあり、また全く同じように日本人のための国でもあるんですか?
彼らの国で日本人が罵倒されたり差別にあったりして糾弾されますかぁ?
日本人は日本が、この国の伝統や文化に反してこれ以上荒廃しないように、これ以上住み難い国にならないように、
つまり隣国特亜のような国にならないように、
大多数の日本人の総意(反日の通名偽日本人、帰化人はのぞく)でもって、日本を良い方向に変えていく権利があります。
そんなに日本がひどい国で大嫌いなら、どうぞ愛する祖国に一日でも早くお帰りください。
って、いってる事どこかおかしいですか?
皮肉で言ってるんじゃなくて、ほんとに心からの疑問なんです。誰か朝鮮人の人、まじめに答えてほしい。
今の日本がどうのこうのより(日本ってそんなに悪い国ですか?だって、全然人権守られて無いひどい国じゃないもん。自由に言いたい事言えるし、飢えてもないし…)
北朝鮮(や中国)とかの国こそ、今まさにそこにある、ひどい人権状況を何とかしなければ、してあげたい、
と考える方がまず先で、よっぽど緊急を要するのじゃないですか?
これもほんとに真面目に、南北の朝鮮人や在日の人に聞きたいです。
それからも一つ言っときたいんですけど、隣国が嫌で、ついネガティブなもの言いになるのは、相手によるので、仕方ないと思いますよ。
その点インドなどは本当に尊敬すべき偉大な国だと思うし、日本人は好ましく感じてる人多いんじゃないでしょうか。ガンジーとかネールとか、パール判事とか、偉人が本当に尊敬すべき偉大な人ばかりだし…!。
誰だって、感じのいい性格の良い人、尊敬できる人と付き合いたい、もっと仲良くなりたい
と思うのは自然な気持ちでしょう?
2006/12/18(月) 12:00 | URL | #-[ 編集]
インドはアメリカや中国やロシアやイギリス、フランス、イスラエル、それとあとえ~とパキスタン、北朝鮮とか…が核兵器をみ~んな放棄すれば、
自分は核を持つ、あとはみんな持つな。とかいう国じゃないと思います。そこは日本より賢いというか、冷徹、精神が独立しているというか。
要するにお騒がせのゆすりたかり屋、北朝鮮なんかとは比ぶべくも無い、もう雲泥の差。つくづく朝鮮民族って言うのは…あ、いけない、これ差別なんですかね。
2006/12/18(月) 12:27 | URL | #-[ 編集]
隣国の日本の人びとを口汚く誹謗し、際限なくあらゆる汚名を着せ、膨大な金を強請り取ろうとする何処かの国。
金も文化も日本国も掠め盗ろうと思わず、自分達の努力で『寛容な国、世界から尊敬される国』を朝鮮半島に作ったら?
そんなに日本が嫌なら帰国して、立派な朝鮮民族の国を立て直したら?
何故こんなに嫌われるのか?考えようともせず、在日100年、戦後61年、日本に住みながら日本を貶め自分達の利権ばっかり主張してきた在日に、日本の教育について口を出せないで欲しい。
私は、未来を担う息子達にせっせっと”在日と周辺国の実態”を教えています。あと、レフティーの教師には気をつけろ!ともね。
2006/12/18(月) 14:51 | URL | トロロ #-[ 編集]
口を出せないで→口を出さないで
2006/12/18(月) 14:56 | URL | トロロ #-[ 編集]
日出処の民様。
いつも興味深く見せていただいております。あなたの主張には通名も含めてまったく同感です。今回のエントリーもほぼ異議がありません。
ただひとつたぶん同じ志を持つ者としてひとこと言わせて下さい。
願わくば、言葉を綺麗に使って下らさらないだろうか。日本語というのは世界に稀なる美しい言語です。「支那」はいわば歴史的呼称であり、国際呼称とも一致して問題がないと思いますが、しかし「鮮人」という言い方は、いわば我々日本人をを「ジャップ」、ないしは「ウエノム」と呼ぶに等しい。
これでは私たちも彼らと同一の道徳水準に立ってしまうことになります。
「敵」と同じ道徳的水準にたつべきではありません。私たちは彼らより道義的に高い水準なのです。だから彼らの所業に怒るのではないですか。それが同一の位置になってどうします。

彼ら在日コリアを批判することは間違いなく必要ですが、その場合、「敵」が使うような作法をとってはいけない。いわく、醜悪なレッテル貼り、奢り高ぶった物言い、他民族への汚い蔑称・・・。うんざりします。それだけで読みたくなくなる。

ですから日出処の民様、彼らと同じような汚い言葉づかいはやめるべきだと愚考します。
2006/12/18(月) 18:34 | URL | 梅印 #-[ 編集]
>愛国人士さん
私の主張は、名無しさんがおっしゃっることに共感するものだと考えていただければ結構です。
愛国人士さんがいうとおり、「寛容な国」「世界から尊敬される国造り」はもちろん共感が持てるものです。
ただ、現在その過程において、我が国将来に憂慮すべき事態が散見されるていることに抜き差しならぬ畏怖を覚えているのです。
私も、世界から尊敬される日本でありたいと常に願っています。
2006/12/18(月) 22:16 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
>くるりんさん
>名無しさん
>トトロさん
コメントありがとうございます。
彼らの行動が、反日思想に裏付けられるものでなければ、きっと我々の態度も違うと考えるんですが、
いかんせん、今までの行動と言動から、我々は声を上げざるを得ないのが現状だと考えています。
今後ともアドバイス等よろしくお願いします。
2006/12/18(月) 22:18 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
>梅印さん
ご指摘ありがとうございます。
私の思慮の浅さが、当ブログ訪問者さまに不愉快を与えることとなり、大変申し訳ございません。
コメントいただき、呼称について改めて調べてみました。
一部では賛否あるようですが、大方で差別用語に該当するものであることを確認いたしました。
当然、差別用語として賛否ある時点で使用すべきではないと思いましたので、
今後はこの呼称を避けることといたします。

今後ともご指摘、アドバイス等よろしくお願いします。
2006/12/18(月) 22:19 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
早速ご考慮いただいてありがとうございます。
靖国神社には我が大和民族と共に戦って倒れた韓国人の多くの御霊が眠っていることを忘れないようにしましょう。
2006/12/19(火) 04:14 | URL | 梅印 #-[ 編集]
日出処の民さま
早速、ご理解戴いてありがとうございます。
戦前に生まれ、既に年老いた小生、ただ今外国にお世話になっております。
どの国に住んでも良い人間もいれば悪い人間もいるものです。日本も中国も韓国・朝鮮も基本的に変わりありません。

戦後の数十年間に、経済、文化そして人の交流が飛躍的に進み、国家の垣根が低くなった今日、昔のような他民族への蔑視、差別意識は次第に薄れていくようです。

日中、日韓、日朝間には、なお、困難な問題が存在しています。解決を望んでやみません。
粘り強く相互理解と交流を深め、やがて必ずや、平和で友好的な東アジア世界を造り上げる。
それは、これからの日本と世界を担うあなた方の手に委ねられています。

二つの世界大戦と多くの地域戦争で数千万の人びとを死に追いやり、人類に塗炭の苦しみを強いた二十世紀の痛恨の歴史から学びましょう。
民族憎悪や民族蔑視からはなにも生まれない。生まれるものは殺し合いだけだということを!

末筆にて失礼ですが、梅印さまのコメントには学ぶもの多く、敬意を表します。
2006/12/19(火) 12:44 | URL | 愛国人士 #-[ 編集]
>愛国人士様
>民族憎悪や民族蔑視からはなにも生まれない
 その貴方のお言葉を、朝鮮族の皆さんに向けて頂きたい、貴方が↑で展開した皆さんへの批判は、その視点で得る所の点が大きく欠落しております、つまり、今や、差別されたり、憎悪されたり、蔑視されているのは、日本→朝鮮ではなく、朝鮮→日本であることを貴方は意識して居られないとみゆる。

 彼等は未だにその元凶となった、反日教育を止めようとしない所か、更にエスカレートしている、こんなザマで、両民族が未来において、仲良くすることが可能だとお思いか、友好は、一方的な努力で成り立つモノではないでしょう。

 片や、困窮する自国国民を顧慮しないで、ヒタスラ核保有を楯に、自らの保身・延命に汲々としている独裁者マンセーの犯罪立国とも言える様な國で、片や、歴史事実の捏造や改竄を以て、手っ取り早い共感を得る手段として乱発しすぎて、最早正史さえ判らなくなった、「勘違い」民族主義国家です、大統領が北の工作員レベルです。

 北は国を立て直すべく援助を、南は独立国として相応しい道議を世界に示すべく、国際法を守り、協調を心掛けねばならないのが、対日本について云えば、総て逆の方針のようである、こんな両国と友好を取り結んで、我ら日本国に利を得る所があるだろうか、貴方が、それでも是と言うなら、最早、貴方が國を愛する人とは思えない、云って措きますが、愛国者に左も右もない、出自も関係ないのです。

 私が思うに、皆さんは、少しずつ全体の形知ろうとしているダケです、日本の国内のほんの身近で起こっていることなのに、初めて知った事が多いのは、日本の歴史教育、或いは社会教育が成ってないからでしょう、責任は我々大人に有ります。
2006/12/19(火) 15:06 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
再々コメントの無礼をお許し下さい。また、愛国人士様、過分なお褒めありがとうございます。いい歳をして照れます。

このブログに私が興味をそそられたのは、たぶん愛国人士様や私のようなそれなりに歳ふりた者と、この管理人様やナポレオソロ(懐かしいですなぁ)様のようなたぶんふた周りほどお若い方とがまっこうに、同じテーマで口角泡を飛ばしてお話をできることでしょうか。こんなことは、ありそうでいて、なかなかありません。その意味で老中青が会いまみえるユニークなブログに成長して下さい。

さて、日出処の民様。
私は今、日本が重要な岐路にあると思っています。それは必ずしも単なる北の核や尖閣諸島といった外交的なタームだけではなく、今まさにわが国の内側で増殖し続けている問題です。
私が仕事の関係で長い間お世話になったのは茨城県でした。少し前のことですが、ひさしぶりにかつてお世話になった農家の方にお礼に参りました。すると顔だちは東洋人ですが、言葉が通じない方が沢山いました。
「研修生」という名の中国人出稼ぎ労働者です。今、このような人たちは、いわば日本農業の必要悪となっているようです。いや、農業のみならず現業分野では遠からず外国人労働者が主流となる勢いです。

失礼ながら察するに、日出処の民様の怒りはたぶん「自分たちの日本」が急速に消えていき、はたと気がついたら私たち大和民族が日本国内で被差別少数派になっていたという悲喜劇を見たくはないということだろうと思います。その意味で愛国人士様のような人種文化融合論には立てないのだと思います。

それはそのとおりです、今の現状で民族が「融合」してしまったら、悲惨以外ありませんから。それは新しい国内の爆薬庫を作ることです。今まで海の外にあった「国境」が、内部に持ち込まれるのです。国外にあった火薬庫が国内に移転してしまったわけです。

皆さんが、在日コリアというような分かりやすい正面敵だけではなく、日本社会の中に浸透している事態に少しだけ心を砕いて下さることを望みます。
2006/12/19(火) 21:11 | URL | 梅印 #-[ 編集]
ナポレオン・ソロ さま
コメントありがとうございます。
>最早正史さえ判らなくなった、「勘違い」民族主義国家
まさしく私が特に畏怖を覚える核心だと考えています。
支那も同様となりますが、彼らが世界中で捏造・歪曲した歴史を垂れ流す中、我が国政府の無策さが、未来の子供たちに対する、私たちの立ち止まることの許されない義務を生み続けているのだと思います。
次の世代に繋げる重大な役割を果たしていきたいと改めて実感しています。
今後ともアドバイスなどお願いします。
2006/12/19(火) 22:01 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
梅印さま
度々コメントいただき、ありがとうございます。

お察しのとおりだと感じています。なかなか自分では文章にすることが出来なかった気持ちが、梅印さまのコメントで正に表わされたと、うれしく思っています。

最近ジレンマを抱えていました。
相手にすべき『的(敵)』は、果たして今まで私が見ていたものだけだろうか? と。
周辺諸国に対する怒りはもちろん、国内に対する強い懸念は日に日に膨張するばかり。
多くの人に伝えたいと願い作ったこのブログで、伝えていけたらと切望しています。

文章力も無く、他ブログのように深い考察もできていないと反省するばかりですが、日々是勉強と考え、向上したいと考えています。
今後とも飽くことなくお付き合いいただき、ご指導いただければ心強いと願っています。

このエントリー、これだけ沢山のありがたいコメントが付いたのは初めてのことで、私にとって続けてゆく良いエネルギーとなりました。
皆さん、本当にありがとうございます。
2006/12/19(火) 22:32 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
>梅印様、横から申しワケありません。
>今の現状で民族が「融合」してしまったら、悲惨以外ありませんから。
 私は、既に融合ではなく、征服・支配を仕掛けられていると確信しています、それは、マスコミの明かな偏向報道若しくは恣意的不作為として現れています、例えば、この間、首都圏で、韓国のスリ団が大挙して捕まりましたが、是を報道したマスコミは今のところ皆無ですし、彼の皇室侮辱芝居でも、TVも新聞も取り上げて居るのは少数でしょう、自分達の崇め奉っている象徴を汚す行為する外国人が居る、この大変な無礼を一遍たりとも報道しない新聞なり、TVは、一体誰の為に報道を流しているのか、恣意的不作為を為すのなら、事業免許の剥奪も訴えるべきかと、侵略は既に始まって相当な時間を経て居ると思われます。

 我々が蟷螂の斧を振るってどれだけの事ができるか判りませんが、蟷螂の斧も千を数え、万に達すれば、ナニカできるかも知れないでしょう。

>新しい国内の爆薬庫を作ることです
 私の読解力が不足している所為か、上記の文意が判りかねます、前後から推察致しますと梅印様も、外国人の国内浸透は、既に始まっていると認識されて居られる、しかも、それが、将来、銃弾無き侵略と語られるレベルに近づいていると言う認識に近い事も、唯、判らないのは「火薬庫」との比喩が何に向けられたモノかです、具体例を挙げてみて下さい、スイマセン頭が悪いモノで。
2006/12/20(水) 11:03 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
ナポレオン・ソロ様。私のような者でお答えになるか分かりませんが、考えている範囲でお答えします。
>私は、既に融合ではなく、征服・支配を仕掛けられていると確信しています。
まず、愛国人士様の仰せの「共存融合」ということは理想としては分かりますが、今のEU、特にフランスなどを見る限り、極めて困難であろうと思われます。
なぜでしょうか?そもそも外国人労働者は居つくからであり、彼らに子供を作るな、結婚をするなとは先進国の立場としては言えないからです。なぜ居つくのか、簡単です。本国と隔絶した賃金と生活環境が日本にあるからです。
そして、外国人労働者が子供を作った瞬間、国外退去にしてしまえる国など、シンガポールくらいなものです。いわば人権という言葉に弱い先進国の下腹とでも言えます。

であるならば、お帰りいただけない外国人が何世代にも渡って存在しえることになります。すると、当然、同民族で固まって暮らしますから、そこに閉鎖的なコロニーができます。特に中国人、韓国人にはその傾向が強烈にあります。現在ある猪飼野などの朝鮮人の集落、あるいはニューカマーが多い大久保などいい例です。整理致しますとこうなるかと思います。

外国人労働者は大部分帰らない⇒閉鎖的なコロニーを形成して、地域になじもうとしない⇒日本の法律を遵守する気持ちがそもそも欠けている⇒「人権」や「差別」を楯にとって違法行為を日常化する⇒外国人コロニーとコロニー、グループとグループが違法ビジネスのネットを構築して一種の治外法権のバリアーを形成してしまう。あるいはコロニー間で暴力的な争闘が激発する⇒急速に治安が悪化する⇒それに対して、日本国家やマスコミは「先進国の人権」という最も苦手な部分を握られているために手出しができない。馬鹿な左翼は不法残留外国人を支援すらする⇒一層治安が悪化する⇒無秩序という培養土を求めて津波のような不法残留者、入国者が押し寄せる⇒女性が夜一人で歩けるような街が消滅する。日本生まれで日本国籍を取得した不法残留外国人の子供は日本語を覚えようともしない。イスラムの子供(例えばインドネシア)はヘジャブ(スカーフ)を取らない。当然、天皇陛下に対しての尊敬などみじんもない。公用語に韓国語や中国語を要求する。教科書に韓国、中国の歴史記述を要求する。日の丸を止めて五星紅旗や太極旗の掲揚を要求する。日教組は狂喜してそれを応援する。そして、やがてその中から先鋭なグループが生まれ、暴力的な反差別政治闘争を開始する。例によってこれを褒めそやす朝日、東京、毎日などの愚かなマスコミが後押しをし、民主党、社民党、過激派などが支援に乗り出す。・・・限りがないのでこのあたりで止めておきましょう。
今ざっと書いたうちの半分以上が現実に今の日本で起きていることであり、これから短日日におきようとしていることです。

私が考える火薬庫とはおおざっぱに申し上げればこのような状況です。今まで、国外にあった外国人との文化的宗教的歴史的、そして経済的な摩擦が、一挙に国内に持ち込まれ、内在化し、絡まりあって解決不能になっていくと思われます。

さて、ナポレオン・ソロ様。
このような「火薬庫」的状況の初期の終わり、ないしは、中期の始まりに今、私たちの国は直面していると私は考えています。では、このことを「侵略」かと言われれば、半分は疑問というところでしょうか。
私は単なる形容詞で「侵略」という言葉を使えない体質がしみ込んでおりまして、歯切れが悪くて申し訳がない次第です。

と言いますのは、これはかつての冷戦期の「間接侵略」の概念を応用すれば、そのようにも言えます。つまり、意識的に日本国内を騒乱に陥らせるための戦略を「誰か」が周到に準備し、戦略化し、それに着手したというように。
教科書的な言い方をすれば敵対国家の「城内平和」をうち崩し、それにエネルギーを傾注させることにより、国外からの侵略を容易にせしめるという古典的な戦略です。

となりますと「誰が」ということになります。中共でしょうか?北朝鮮でしょうか、あるいは韓国?正直に申し上げて、なんとも言えません。どの国もその可能性はあります。中共なら歴史的に見ても、やりかねない謀略体質が濃厚にあります。残留外国人、不法入国外国人の中に中共の工作員が確実に多数紛れ込んでいるのは常識的に考えても当然で、いないと考える方が性善説だからです。

ただし、これだけ巨大な仕掛けをするには相当大きな資金と人員、人脈が必要です。たぶん一国の謀略組織レベルで手に負えることではないと思われます。
韓国に浸透した北朝鮮の謀略組織は今や権力中枢に達しましたが、同民族ですらその浸透に約50年かけています。
異民族を間接侵略するにも同じくらいの時間がかかかるはずですし、幾つかの国の謀略組織の連携が必須になります。ただ、今後津波のように押し寄せる不法残留、不法入国者によって、その期間はそうとう圧縮はされるでしょうが。

ソロ様。今の時点では情報が不足しすぎております。ですから、申し訳がありませんが、現時点ではなんとも言えないということになります。

ただ、不法残留外国人が政治セクトなどを作った時点がひとつの判断のしどころだろうと思われます。それは決して自然発生的な誕生ではなく、その背後になんらかの国外謀略組織が介在している可能性が極めて高いと思われます。

ソロ様、これでお答えになったでしょうか。非常に長いコメントをさせて頂いた日出処の民様に感謝申し上げます。失礼致しました。




2006/12/20(水) 13:17 | URL | 梅印 #-[ 編集]
>梅印様
 丁寧な解説、へりくだった御姿勢、私如き若輩は、唯々畏れ入るばかりです、ご返事真に有り難う御座いました。

 さて、私も御説に概ね賛同致しております、私は、在日韓国・朝鮮人は今や、唯の移民と何等変わりがないと思っております、つまり、他の在日外国人であるブラジル人、イラン人、そしてシナ人と同等に扱うべきであると思っていると云うことです、彼等の不法滞在が無問題化されてる根拠である永住許可や永久ビザ免除は、早晩廃止されるべきであると思っております。

 その理由として、
①外国人の滞在許可を朝鮮族にのみ優遇する理由がない以上、他の外国人の扱いと同等にしなければイケナイ。
②出入国管理法令は、厳格に遵守すべきで、例えばシナ大陸に難民が発生した場合、日本国内の治安に大問題が発生する。
③100年の間の朝鮮族の日本への浸透は、相当なモノがあり、しかも、外国人のママで不法な占拠を黙認してきた事で、外国人のママである事が却って、有利に成っている場合がママあり、日本人に対する逆差別となって、日本人の不満を買って居る、このまま放置した場合、日朝間或いは日韓間で有事となった場合、彼等の居住する区域周辺の日本人住民の安全は勿論、在日朝鮮・韓国人の生命も危険に成ることは十分に考えられる。

 この状況を造りだしたのは、朝鮮族に何故か弱腰で来た日本政府にも大きな責任がありますが、ノ・ムヒョンという、北のスパイと思しき人が大統領となってから、韓国の左傾化は著しく、最早、韓国にとって日本は、交戦相手国の様な有様です、是に対するに、両国のマスコミは、両国の間で意志の疎通を図り、戦争を回避すべく動くべきなのに、双方共が、日本を貶める方向のみに振れた為に、日本の世論が次第に沸騰し始めたのでしょう。

 状況は急速に緊迫の一途を辿っており、正に、梅印様の仰る、その火薬庫に火が着きそうな状況なのです、早急な対処が必要です。

 先ず、現状の在日朝鮮・韓国人を移民と見倣した場合で、当人で三代以上の在留世を数えたモノは、成人時に、国籍の選択を強制するべきです、帰化を望んだ場合でも、勿論、個人意志の確認のみならず、日本側から見た当人の、日本社会に対する遵法精神や、精神文化に対する理解、それらの在り方や、日本人が尊崇する対象への態度など、政府主催のクオリファイをクリアして貰わねば成りません。

 韓国との国際関係は、一時中絶するしか有りません、何せ、ノ大統領は、実質日本を敵国扱いしているし、口を開けば日本に屈辱となる譲歩を強要しているからです、例えば、竹島問題では、大砲の撃ち合いも辞さずと公言しました。

 国交途絶して、彼の國の内部で打倒左翼政権の兆しを待ち、真の民主政権誕生を待つしかないと思います、北やシナが介入した場合、即座に、駐留米軍が反応しますから、余程の事が無ければ手出しはしないでしょうが、そうなれば、日本は今度は傍観者足り得ません。

 取り敢えず、2008年を待ちましょう。
2006/12/20(水) 16:31 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://premiumkiss.blog81.fc2.com/tb.php/76-5f27350a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
北朝鮮が840万人説をふりまく中、総連幹部が論評で“強制連行”妄言を取り下げた…北本国と総連の見事な分裂だ。この在日最大のウソ“強制連行”神話を一瞬で粉砕する攻撃方法を提示する。
2006/12/17(日) 20:11:01 | 東アジア黙示録  
10月2日にランキング(政治)に再参加日本の政党ではなかった、お引取りください! 民主党のおぞましい実態を知ろう! 在日米軍再編、経費70億円を計上へ&hellip;07年度予算 2007年度予算編成で、防衛庁が要求して
2006/12/17(日) 20:20:59 | 博士の独り言
本気なら喜ばしい事ですが、建て前だけで終わらせないで下さいね。共同より以下引用北朝鮮核問題をめぐる18日からの6カ国協議で日米首席代表を務める佐々江賢一郎外務省アジア大洋州局長とヒル米国務次官補が16日夜、外務省で会談し、両国が緊密に連携して核放棄に向け
2006/12/17(日) 21:45:49 | イプサム
【速報】≪違法操業の韓国籍船を拿捕!!≫~海上保安庁へエールを送ろう~  海上の保安は国家主権に関わる重大な任務である。韓国漁船を拿捕、船長逮捕 浜田海上保安部は14日午前1時40分ごろ、浜田市沖約100キロの日本海で、漁業...
2006/12/18(月) 01:45:25 | Flight to Freedom/神の国へ…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。