愛国・愛郷の精神を尊び、日出処の民としてこの国を憂い活動します。

人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
昨日エントリーした【南ア・ムベキ大統領『新植民地主義』に警戒
早速、中共が反論を展開したようです。

喰いつきが早いのは、どうしてなんでしょうねぇ?
なんかやましいことでもあるのかと勘繰ってしまいますよ。 ( ^∇^)σ)゜ー゜)プニッ

■「植民地化などしていない」 中国、南ア大統領に反発
 「アフリカを植民地化などしていない」――。中国外務省の秦剛副報道局長は14日の定例会見で、南アフリカのムベキ大統領が中国のアフリカ進出に懸念を示したとされる報道に猛然と反発。約5分にわたって熱弁を振るう一幕があった。

 会見で米メディアの記者が報道について聞くと、秦副局長は「長期にわたり植民地主義の苦しさを味わった南アフリカの人々は、植民地主義がどんなものかを最も理解している」と皮肉ともとれる言葉で切り返した。

 さらに「中国と協力することでアフリカはその資源を発展に生かせる」「ムベキ大統領は対中協力の強化を望むとも述べた」などと続けた。

 石油などアフリカの資源獲得を狙い、スーダンなどに接近する中国に対しては欧米を中心に「植民地化」との批判が根強い。秦副局長の反論は、こうした批判に中国が神経をとがらせていることを露呈した形だ。
ソース:朝日新聞(2006年12月15日13時14分)
http://www.asahi.com/international/update/1215/006.html

なぜかこの反論に少なからず「あせり」らしきものを感じたのは私だけでしょうか。

ムベキ大統領には、是非とも今後も節々でこれらの警告を行い続けてほしいですね。

中共の望みどおり事を進められれば、完全な入植地となってしまうでしょう。
で、圧倒的な破壊力と、イナゴ並みの繁殖力で国ごとのっとられますね。

中共は怖いですよぉ。
入植地化してからも、自国民がいようがいまいが、参拝を腐るほど持ち込んで自然を破壊しつくすくらいは朝飯前ですから。。。

でも、その植民地支配をよく理解した当事者である欧州に『新植民地支配』って突っ込まれてる、中共ってナニ? って感じですね。

南アフリカはアフリカ諸国とそれら同盟国に説いて回れ!!
↓↓と共感される方はクリックお願いします。

人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログへ←こちらと、
FC2_ランキング←こちらもクリックご協力ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
前原さんの中国脅威論の時の対応に似ていますね。靖国どころではなくなり、中国脅威論打ち消しにあせりまくり、あたふたしているのが目に見えるようでした。中国は本音を突かれると弱いみたいですね。
捏造歪曲の歴史で国民を騙している国家は、真実を恐れている事がよく分かりました。
日本も中国の嘘をあばけば、もっとまともな外交が出来ると思うのですが。
中国が外国で南京虐殺PRを大々的にやっているように、日本政府も、世界に向けて、南京事件の嘘、従軍慰安婦の嘘を世界に向けてPRする事が重要ですね。
2006/12/16(土) 10:03 | URL | 美しい国 #-[ 編集]
シナには日本式の思いやりを忘れて、正面から攻めて欲しいです。すねにいくつも傷もつ身は正攻法に弱いと見た。
2006/12/16(土) 12:27 | URL | J.J. #-[ 編集]
>美しい国さん、J.J.さん
コメントありがとうございます。
支那は人民元切り上げで、三大銀行が巨大損失を抱えるなど、自国経済すら制御できず、
それでも膨張を繰り返し、世界を食いつぶしかねない暴走をし始めました。
世界中から人権非難を浴び、日本を始め着々と中共包囲網がしかれつつある現在。
意外と中共があせり始めているのはこうした背景が存在している証なのかもしれません。
2006/12/17(日) 22:12 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
はじめまして。南ア在住の者です。
仕事で赴任し約2年ですが、南アの中国に対する視線は非情に厳しい印象です。金になびかないぞ!という強い意識を感じます。北京でのアフリカサミットにも当初はムベキは出席しないとの噂もあったくらいです。南アの他にもボツワナも同じ考え方だと聞きました。ムガベのようになびく首脳もいれば、ムベキのようにキチンと対応する国もある。これがアフリカですね。
2007/01/04(木) 06:33 | URL | kazu #qUnzMvgw[ 編集]
kazuさんこんにちは
お仕事で南ア在住ですか。 ご苦労様です。
南アが中共に対し、厳しい視線を注いでいるというのは大変重要なことですね。
アフリカ諸国も千差万別あるかとは思います。
各国が歩調を合わせ、未来に歩めることを心から願っております。
2007/01/04(木) 21:01 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://premiumkiss.blog81.fc2.com/tb.php/73-a9e2ac30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。