愛国・愛郷の精神を尊び、日出処の民としてこの国を憂い活動します。

人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
ネット世界でも中共の膨張ぶりが発揮されています。
一昔前までは脅威にすらならなかったのですが、少しずつ力をつけてきているようで。
まぁ、アメのハッカーに比べればまだまだ胎児くらいでしょうが。

◆米海軍大学のウェッブサイトがダウン、中国がネット攻撃
米海軍大学
【テクノバーン】米海軍大学(Naval War College)のウェッブサイトが11月16日から実に3週間に渡って閉鎖される状況が続いている。現在も復旧の見通しは立っていない。
海軍のサイバー・ディフェンス・オペレーション・コマンド(Cyber Defense Operations Command)が11月16日に海軍大学に対する外部からのネット攻撃があったことを確認したことを受けて、外部からの接続を全て遮断したのが原因。海軍大学ではこの攻撃以来、3週間に渡って外部ネットワークから孤立した状態が続いている。

海軍大学にはネット攻撃に対する防衛戦略を立案するグループなどもあるが、そうしたネットの専門研究者も大学内ではネットもメールも利用できないという状態が続いている。

海軍では「現在、捜査中」としかコメントできないと述べている。捜査はFBIと海軍犯罪捜査部(Naval Criminal Investigative Service)の手によって続けられている。

ワシントンタイムズ紙は11月30日付けで海軍大学の教授を務めるリチャード・ゲーツ空軍少将(退役)の発言として「中国人コンピューターハッカーがネット攻撃の背後にいる」と報道。同紙はまた米政府担当者の発言として「最近、連続して行われている米国政府に対してのネット攻撃は議会報告書で指摘したコードネーム『タイタン・レイン(Titan Rain)』によるもので、中国からきたものだ」とも報じている。

海軍大学(写真)はロード・アイランド州ニューポートにある海軍の教育・研究機関。
ソース:テクノバーン(2006/12/9 18:42)
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200612091842

支那のはハッカーではなくて、完全にクラッカーですね。

先日、アメリカではネットなどのサイバースペース専門の司令部『サイバースペース司令部』を創設するようなこといってましたが、入れ違いで起きた今回の事件、
軍大学をネットから遮断してるのは、今現在武装中ということなんでしょうか?

いずれにしても今年度要求の来年度予算なので大々的なことなど出来ないでしょうが、攻撃を受けた海軍大学としては、予算流用してでも面子を保ちたいというのが本音でしょう。
この支那発のネットテロ。
意外にも、ファイアウォールの技術強化にも寄与するといったところでしょうか。

我が国も、防衛省昇格と同時に早急に『サイバー防衛部隊』『サイバー攻撃戦略部隊』くらいは設置してほしいですね。
国内は警察に任せたとしても、海外からのハッキングは防衛省が行うべきでしょうし。

で、アメに対する攻撃は、集団的自衛権行使して我が国も後方支援など行えれば、中共の戦略サイバー部隊を一網打尽に出来ると思うし。
まぁVANKは、けしかけて支那と共倒れにさせれば訳はないでしょうし。(w

本音のハナシ、
我が国はGHQ洗脳の下、非核三原則で自らを雁字搦めにし、国際舞台においても情報戦略の無策からあらぬ誤解を受け、白い目で見られています。
米ミンス党は特亜の洗脳戦略により、一緒になって我が国を罵倒し、土下座外交の継続を強要する勢力まである始末。

せめて、我が国政府は、サイバー世界では覇権を狙うくらいの野望を持っても良いのではないでしょうか?

まずは国や地方自治体に対し、何の役にも立たない主幹システムを納入してはボッタクリを繰り返す大手売国企業からカネを取り戻すことが先決です。 いいかげんに官公庁担当者は、詐欺にあっていることに気づくべきでしょう。
これら売国企業は、
・企業連合を作り入札参加→落札。
・開発着手するも、なんだかんだで金額上乗せ要求。
・完成させてもバグばかり。
・当初契約と違う仕上がりで、本来保守で直すべきところ、新たにカネを要求する。
・期間中、企業側技術者の手取りは、月ウン百万円。
・挙句の果てには、企業側の都合で担当者を異動させまくり、アフター対応なんて無理なハナシ。
・設計図の公開を拒否するため、以降暴利を独占。
を繰り返しています。
※そういえば、次世代信金ネットの開発で、金だけ取られ続けて、挙句、納品すらなかった。ってのもありましたねぇ。

国策裁判として、しっかりとこの詐欺にメスを入れていただきたいと思います。

で、当然我が国の国益を考え、『サイバー兵器』の開発着手。
敵国の実世界に甚大な影響を与えることが可能なシステム。
当然これらの開発は、売国企業の参加は認めずに、有力な技術者たちを引き抜いてでも組織するべきです。
ネットに大きく依存した先進国システムを考えれば、もしかしたら、現実の核に対する抑止力としても効果が期待できるかもしれません。

国連で常日頃冷や汗をかきながら、我が国国益のために奔走しているロビイストたちの後方支援にもなるんではないでしょうか?

ネット情報戦略も国策だ!P2Pで機密情報漏らしてる場合ぢゃ無いぞ!!
↓↓と共感くださる方はクリックお願いします。

人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログへ←こちらと、
FC2_ランキング←こちらもクリックご協力ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
安西ひろこ!行くつく先はやっぱりAVだった!
2006/12/10(日) 14:50 | URL | 安西ひろこ!行くつく先はやっぱりAVだった! #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://premiumkiss.blog81.fc2.com/tb.php/60-0bba835b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。