愛国・愛郷の精神を尊び、日出処の民としてこの国を憂い活動します。

人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
産経新聞社HPを開いてびっくり。
トップに目を疑うような記事が・・・
おいおい、江戸時代ぢゃあるまいし。と

◆売春婦ら100人「引き回し」…庶民反発 中国・深セン市
 【北京=福島香織】中国広東省深セン市で公安当局が摘発した売春婦ら100人を「市中引き回しの刑」に処した。売春はもちろん違法だが、これまで当局も大目に見てきたところがある。しかも売春婦は貧農からの出稼ぎ組が多く、公権力で見せしめにするやり方に「ひどすぎる」「人権侵害だ」と同情が集まっている。

 11月29日、深セン市内で、同市公安局福田分局が売春婦40人を含む性風俗産業従事者や客ら計100人を引き回した。「公開処理大会」と銘打たれていた。女性たちは口元を隠すマスクを与えられたものの、中国では「ポルノ」を意味する黄色い服を着せられ、実名、出身地などが公開された。そのうえ、手錠でつながれ、ヤジを飛ばす沿道の市民の前を連れ回された。この様子は中国中央テレビほか各メディアで報道された。

 このニュースに、庶民の間で「人権侵害だ」「公権力による個人のプライバシー侵害」と強い反発が起き、インターネット上の掲示板やブログに次々と批判が書き込まれた。大手ポータルサイト「捜狐」のアンケートでは、約3万人のユーザー中、公安当局のやり方を「不当」と思う人は83・3%にのぼった。逆に「妥当」と考えたのはわずか15・2%だった。

 上海の人権派弁護士、姚建国氏は今月1日、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)あてに公開書簡を発表し、「深セン警察の行為こそ違法」と指摘した。(1)引き回された容疑者は裁判によって罪が確定していないにもかかわらず「公開処理」した(2)容疑者の人格を侵害するやり方だ-と厳しく批判した。

 これに対し、深セン公安当局者は「正当な法に従った行為」と反論している。

 人々の怒りの背景には、売春をせざるを得なかった女性たちの境遇への同情がある。中国で風俗産業に従事する女性は推計600万-1200万人とされる。多くが貧しい農村からの出稼ぎ組で故郷の親兄弟に仕送りしている。売春の元締めの黒社会からは稼ぎをピンハネされ、社会からは白い目が注がれる。しかも、本来違法であるはずの風俗産業の経営には公安当局者の後ろ盾があるケースが多いのだ。このため「売春婦でもうけている公安が売春婦を取り締まる」ことへの反発も噴出している。

 今回、深セン市で売春婦の集中取り締まりが行われた地域は2年以内にホワイトカラー向けの高級住宅地に再開発される予定という。金持ちのため社会の底辺であえぐ売春婦が虐げられる構図も同情が広がる理由になっているようだ。
ソース:産経新聞(2006/12/07 21:44)
http://www.sankei.co.jp/kokusai/china/061207/chn061207001.htm

『市中引き回しの刑に処した』って、支那は今やっと江戸時代ですか。

さすが人権蹂躙国家。

しかし、昔も今も生活のために身を売る女性たちが世界中で後を絶たないようですね。
特に、特亜での女性地位の低さは目に余るものがありますね。

中共よ、表面上の近代国家を装うのに必死だな!!
↓↓と共感された方はクリックお願いします。

人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログへ←こちらと、
FC2_ランキング←こちらもクリックご協力ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://premiumkiss.blog81.fc2.com/tb.php/53-3e0e66cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。