愛国・愛郷の精神を尊び、日出処の民としてこの国を憂い活動します。

人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
対北制裁の強化から、今まで闇だった朝鮮総連関連団体への強制捜査3連発と続き、我が国もいよいよ臨戦態勢に入ってきました。
そんな中、いよいよ『伏魔殿=外務省』の腐敗体質排除の第一幕が切って落とされたようです。

◆西田審議官が「更迭」へ 総政局長に河相氏で調整
 政府は5日、外務省の西田恒夫外務審議官(政務)が来年1月に大使に転出し、後任に藪中三十二外務審議官(経済)が横滑りする人事を固めた。西田氏は7月の北朝鮮によるミサイル発射を受けた国連の非難決議をめぐり慎重な対応を求め、官邸サイドと対立した経緯などがあり、政府内では事実上の「更迭」との見方が強い。

 藪中氏の後任には河野雅治総合外交政策局長を充て、河相周夫北米局長が総合外交政策局長に就任する方向で調整している。また、河相氏の後任には西宮伸一駐中国特命全権公使の起用が浮上。谷内正太郎事務次官は当面続投する見通しだ。

 藪中氏は経済関係が専門分野だったが、アジア大洋州局長当時に首席代表として北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議に臨んだ実績や、日朝協議での「毅然とした態度」(政府筋)が評価されたとみられる。

 西田氏はロサンゼルス総領事、経済協力局長などを経て、昨年8月から外務審議官。
ソース:徳島新聞(12月05日 19時29分)
http://www.topics.or.jp/Gnews/news.php?id=CN2006120501000562&gid=G02

さて、この西田外務審議官、なにやら色々と騒がれた人物のようで。

まぁ何があったのか、以下に簡単にQAスタイルでご紹介♪

Q 西田氏ってどんな人?
A ↓こちらから確認できます。
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/staff/hokubei/h_36.html

Q 「官邸サイドと対立した経緯など」の『など』って何?
 他にも何かしたの?

A 真偽のほどはわかりませんが、一部の週刊誌で同氏の発言として記事があったようですよ。
 ・・・目次と「さわり」だけですが、どーぞ。
 http://www.zassi.net/mag_index.php?id=230&issue=20008

2つ目のQに関しては、当然のことながら、外務省は正式には認めておりません。
これに関しては、次のURLを参照してください。
週刊現代の中身はネットで見れませんが、どんな記事だったかよ~く判ります。

鈴木宗男氏による質問主意書
平成十八年十一月六日提出 質問第一四〇号
平成十八年十一月八日提出 質問第一四四号
平成十八年十一月九日提出 質問第一四七号

ということなのですが、結果事実上の更迭という見方が多勢であるならば、週刊現代の言う『西田氏の発言』は信憑性を帯びてくるような気がするんですが。。。
私のうがった考えでしょうか?

『大使⇔局長』の乱発人事ってどうなのよ?
しかも、駐中公使を北米局長っていうところは釈然としませんが、
後任が藪中審議官というのも、我が国にとっては有益となる人選では無いでしょうか。
期待しております。

これは、反首相官邸の排除が狙いであり、いよいよ麻生大臣の『外務省改革』が始まったと見てよいでしょう。
粛々と腐敗体質の改善を行っていただきたいものです。

腐敗官僚の更迭により、『あきらめ』と『売国』に繋がる弱腰外交は排除せよ!!
↓↓と賛同される方はクリックお願いします。

人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログへ←こちらと、
FC2_ランキング←こちらもクリックご協力ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://premiumkiss.blog81.fc2.com/tb.php/51-5f2835c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
依存症の独り言様http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2006/12/125_fb46.htmlの記事にはさすがに恐怖を感じました。多くの方が読まれていると思いますが、ひょっとしてまだ見ておられない方がいるかもしれませんので、誠に失礼かとは思いますがお借りします。ブログの相性
2006/12/06(水) 23:40:42 | イプサム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。