愛国・愛郷の精神を尊び、日出処の民としてこの国を憂い活動します。

人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
非常に残念なニュースが入ってきました。
米共和党惨敗で予想されていたこととはいえ、本当に残念です。

◆ボルトン米国連大使が辞任へ、議会の再指名承認困難で
 【ワシントン=坂元隆】米ホワイトハウスは4日、ジョン・ボルトン国連大使が任期延長を断念し、来月上旬の任期切れに伴い辞任すると発表した。後任は未定。
 ボルトン大使は昨年3月に、ブッシュ大統領の指名を受けたものの、タカ派的な言動や国務省在職時の強引な手法が上院の指名承認公聴会で問題となり、上院から指名承認を受けないまま同年8月に、任期を今期議会中に限るという条件で就任した。
 ブッシュ政権は再度の指名承認を目指したが、中間選挙で民主党が勝利したため、承認は絶望的な状況となっていた。
 ボルトン大使は、国連でも強硬姿勢を崩さず、日本とともに北朝鮮に対する制裁決議をまとめるなど辣腕をふるった。
ソース:読売新聞(2006年12月5日0時44分)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20061204i115.htm?from=main1


私は勝手ながら、我が国にとってボルトン大使は共に協調できた良きパートナーだったと考えています。

国連においては、自国の利益を損なわず使命に忠実であり、過去においては、我が国の望まざる結果をもたらしたこともありました。

しかし一方で、真に信念を持って国際社会と対峙してきた人物だと思っています。
「タカ派」「威圧的」と言われれど、そうした姿勢の現われだったのでは無いでしょうか?

・・・あの性格、結構好きなんですよ。(´・ω・`)
ボルトン大使、お疲れ様でした。

さて今後、後任大使の人選は非常に気になるところです。
米民主党の出方と共にご一報を入れたいと考えています。

ボルトン大使お疲れ様!!
↓↓と賛同くださる方はクリックお願いします。

人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログへ←こちらと、
FC2_ランキング←こちらもクリックご協力ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://premiumkiss.blog81.fc2.com/tb.php/49-fedfce8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。