愛国・愛郷の精神を尊び、日出処の民としてこの国を憂い活動します。

人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
報道の姿勢に色々と問題が多いことで知られている朝日新聞。
その姿勢は皆さんご承知のとおり、一部では『アカ日新聞』とまで揶揄れるほどです。

昨日、この朝日新聞社の組織改革が発表されました。

◆朝日新聞、組織改革発表 編集局の部制廃止

 衆院選での虚偽取材メモ問題や社内資料流出問題を受け、朝日新聞は30日、編集局の部制を廃止する組織改革を発表。記者活動の指針「記者行動基準」も制定した。

 東京、大阪にある編集局では、部を廃止して記者全員の所属を編集局に一元化。その上で取材テーマごとに記者を束ねた「外報グループ」「社会グループ」などの12グループに配置する。各グループには部長に代わって「エディター」を置き、ゼネラルエディターが全体を統括する。さらに来年9月に、外報、政治、経済の3グループを4グループに再編する予定。

 武内健二編集局長は「過剰な部への所属意識をなくし、風通しをよくしたい。時代は刻々と変化し、読者の関心のありようも社の編集方針も変わる。こうしたことに迅速に対応する組織にしたい」と説明した。

 記者行動基準は「取材先から現金や金券などを受け取らない」「オフレコを安易に約束しない」など、取材現場で記者のとるべき行動を規定。インターネットで1日から公開するといい、同社は「内規ではあるが、公開することで信頼を高め、(記者の)行動の自由を確保したい」とした。

ソース:産経新聞(2006/11/30 19:24)
http://www.sankei.co.jp/keizai/sangyo/061201/sng061201000.htm


この組織改革で少しはまともになるんでしょうか?

社内で縦割分業で行われていたものが流動的になることで、一部の偏った思想の紙面反映が薄らげ、多面的に対応できるように目論んだものだと考えられます。

根本的に、この会社が抱えるものはその程度のものではなく、もっと根深いものでしょうに。。。
この会社は大々的に首の差し替えが無ければ体制が変わらないんではないでしょうか?

若干『社説』の論調に変化も見られているようですが、
まぁ、期待せずに様子を見ることとします。

さて、憂慮すべき新聞各社といえば、あの天皇不要論をぶちまけた鬼畜記者の居る『毎日新聞』が挙げられますが、
もう一つ、『日経新聞』があります。

そう、あの靖国分祀論に発展した『富田メモ』の検証無しの垂れ流し新聞社です。

日経新聞にしても、その情報優位性から企業ぐるみのインサイダー取引を指摘している方までおられるほど、問題の大きな会社です。

事実として、従業員のインサイダー取引事件は後を立たず、その信頼性は既に落ちるとことまで落ちたと言っても過言ではありません。

さて、そんな日経新聞について、巷を騒がせている『近未来通信事件』を絡め、
『論壇』にこんな投稿がされておりました。

◇近未来通信の詐欺事件と日経の責任は?
( 平成18年11月30日 )
投稿者:  霞ヶ関通信問題懇話会

 ここのところ 「 近未来通信 」 の 「 詐欺事件 」 に関して、マスコミはまるで他人事のように報道している。

朝日新聞など一流紙が広告を請け負って、信用の裏付けを与えた責任はどうなるのだろうか。 多くの投資家はその信用で投資していることが聞こえてくる。

今から数年前に、当会の会員は近未来通信に関して、「 詐欺 」 くさいからと、当時広告を掲載していた日経 ・ IT担当の親友S記者に警告、彼は広告局にアドバイスするも無視された由。

どこが臭いかというと、投資家集めの広告は掲載されているも、近未来通信の売り物の 「 IP電話 」 の顧客募集の広告は業界雑誌のリックテレコムなどの 「 月刊テレコミュニケーションズ 」 には出ていず、IP電話利用を消費者に売り込んでいる様子が見られなかった。

また、社長の前職は 「 毛皮 ・ 宝石など 」 のマルチ紛いの詐欺商法を過去にやっており、彼らにとっては、IT時代ゆえ、IP電話を謳えば金があつまるだろうの、「 IP電話 」 は資金集めの手段に過ぎなかったということか。

日経にはいまでも、このほか胡散臭い広告が多々あるので、消費者のみなさんはご注意。

かっては 「 日陰者 」 のバッタ屋の集大成したような 「 全国現金問屋 ・ 仕入れ本」を出すような新聞社です。 もっとも、散々、中国景気を煽ったり、バブルを煽ったりと、あとは知りませんの無責任新聞社です。


日々皆さんが目にする新聞の広告欄。
確かに様々な雑誌の広告に比べれば、少なからず信用の裏づけを感じてしまうものです。

今巷を賑わしている『近未来通信社事件』もこうした錯覚を突いた事件だったようです。

投稿によれば、投稿者が日経記者に警告を行っていたと言うことです。(真意の確認は取れませんが。)

いずれにせよ、日経新聞者含め各新聞は今回の事件において自らがその詐欺に加担していたと言う事実を自覚し、被害者に謝罪すべきだと思います。

各新聞社は、その『社会の公器性』を自覚し、歪曲・捏造することなく、真実を伝えていくべき使命を重く受け止めていただきたいと考えています。

報道の自由とは、『ペンによる暴力』と表裏一体のものです。
我が国においても、気づかずに思想的影響を受けている方々が多くおられます。

マスコミの横暴から思想侵略されつつある我が国の窮状に一刻も早く多くの人が気づき、
売国マスコミの喉許にナイフが突き刺さる日が来るよう祈っています。

私は、営利追求を目的としたマスコミ乱立を許す制度が、これら多くの問題をもたらしていると考えています。
我が国の国益との綱引きを考えれば、国家保護を受け、利益追求を目的としない法人(公社・独法など)としての媒体を検討すべきでは無いでしょうか?

皆さんは、どうお考えですか。
コメント頂ければ幸いです。

政府はマスコミに大鉈を振るえ!!
↓↓と共感くださる方はクリックお願いします。

人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログへ←こちらと、
FC2_ランキング←こちらもクリックご協力ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
NHKでも鮮人橋本会長になってから番組の偏向ぶりがひどくなり、出演のタレントやアナウサーには鮮人が多くなりました。電波法で新規参入が制限され、新聞の宅配制度が新規の参入を難しくし、再販維持法が脱落すべき出版社を保護しつずけて止め処もないマスコミ等の言論界の退廃が進んでいるのです。そこにはGHQが仕込んで洗脳支配をもくろんだ連中が屯しているのです。TVも新聞も出版もインターネト網に収斂されるでしょう。そのうさんくさい内容がインターネットで暴露されています。保存するに値する少数の出版物が残るだけです。所詮、情報は消耗されていくのが大多数です。高い金だしてまで見やしません。古い言論人は自然と没落していきます。インターネットTV桜や産経ネット新聞などに視聴者は移行していきます。視聴者の見識の高さを侮ってはなりません。保護は独善に連なり、補助金は主体性を蝕み、利益の無視は不効率になります。共産圏の歴史がそれを証明しています。絶えざる新規参入を容易にし絶えざる競争を要求する自由社会が自由独立した賢人つくるのです。新しい息吹を利用することが古いマスコミや言論人を引きずり落とすことになるのでしょう。
2006/12/02(土) 21:06 | URL | 寄稿人 #qXHXjDgc[ 編集]
寄稿人さん コメントありがとうございます。
仰るとおり、TVも新聞も出版もその胡散臭さが日々暴露されている状況下にあるのが、今現在の状態だと思います。
しかしながら私は、それらがインターネット網に収斂される過程で、果たして情報そのものが収斂されるか、に大いな危惧を抱いております。
メディアがネットに収斂されたとしても、ネット上の情報は拡散して、果たして読み手に届くのであろうか? という疑問が頭を擡げているのです。。。
先ごろ、アメリカの分析で「日本のネット層は危険だ」との分析があったそうです。
GHQの洗脳を解いた世代が社会構造に危惧を抱き、ネット上で問題の本質を暴き続けていることへの危機感だと思っています。
まだまだネットは成熟していないと感じています。社会問題に対する共通テーマをどのように収斂し読み手に提供するか。
インターネットにおける情報の収斂とそのツールを如何に先進的に再構築できるかが、急がれるものと感じております。
2006/12/02(土) 22:33 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
朝日新聞、電通の社長も鮮人と聞きました。なぜこんなにマスコミに朝鮮人が多いのですか?しかも会社のトップ。これでは偏向報道を正すことはできないでしょう。折に触れテレビ局新聞各社に電話してますが効き目は無いです。多数人が一緒にアクションを起こしていかなければマスコミを変えることはできないと思います。朝日にしたって組織を変えても働いている記者の意識が変わらなければ、何も変わらないでしょう。マスコミがこの調子では日本の国益を著しく害します。早急に変革させなければいけません。何かいいアイディアありませんか?
2006/12/03(日) 01:59 | URL | J.J. #-[ 編集]
J.J.さんコメントありがとうございます。
現状打破を目指し、一人ひとりが声を上げて戦っているのが今の現状ではないでしょうか?
『束になって戦う』が弱いような気がするんです。電凸などで戦っている方々は、ネット上で声を挙げている方々のほんの一部にしか過ぎません。
これらを全て結ぶことができ、世論として大きく纏めることができれば、大分違うと思うんです。
ネットは未だその点において未成熟だと考えています。
いくら驚異的な事実を叫んでも、読み手によっては『危険な趣味』と捕らえる方もいます。
その構造を大きく変えるアイデアがあれば、ネット層が大きな『政策提言者』ともなれる可能性があると信じています。
あとは、マスコミを変えるには法整備が一番なのですが、肝心の与党が企業献金でズブズブの状態。
まずは、ここを攻めるべきでしょうね。
いずれにしても構造変革が必要なこと、時間は必要なのでしょう。
あと一番高い可能性でいえば、保守系タカ派の政策決定権を握る議員らに陳情することでしょう。
事実として認識されている上の話ですから、うまくいけば、大きな流れになるはずです。
彼らは、世論の後押しなしでは動けないのが実情です。
2006/12/03(日) 12:23 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
返事ありがとうございます。
保守系のタカ派、具体的にはどのような方でしょうか?麻生さん、中川(酒)さん、平沼さん,戸囲田、さんくらいしか思い浮かばない。官邸も対応は良かったです。しかし陳情はおおいだろうし優先順位があるから、なんだかなぁと言う感じです。

何かやってみませんか?
2006/12/03(日) 12:39 | URL | J.J. #-[ 編集]
J.J.さん お返事ありがとうございます。
私も、何かやりたい気持ちは十分にあります。

今一番やりたいのは、nikaidou.comや「ストレイ・ドッグ」と並ぶ発言力のあるサイトを、有志によって作りたいんです。
皆で大きなサイトを作りたい、社会への警告を行うサイト。
出来れば、政治ブログのかたがたにも参加いただき、皆で統合された場所を持つ。
分散されたブログが所詮トラバで繋がったところで、中にある本当に大事なものは薄れているのが現状では無いでしょうか?
皆を募って、協業でそんな場を設けたいです。。。
2006/12/03(日) 13:09 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
極右の瀬戸さんのように行動力、組織力がないとむずかしいですね。

共同通信の人に新聞社に一人一人ばらばらでリアクションおこしても、影響力は無い。まとまって大勢でやることが大切だって言われました。圧力に新聞は弱いってことですかと尋ねたら、そうではなく社会現象として無視できなくなるからだそうです。総連や民潭のような圧力団体にはなりたくないです。しかし朝日は組織改革しても変わらないでしょう。つぶれるまで待つ、時間がかかりそう。周りに不買をすすめてますが。。。
2006/12/03(日) 13:29 | URL | J.J. #-[ 編集]
>J.J.さん
私も、周囲へマスコミの不純さは説いてまわり、不買のススメも行っているところではあります。
しかし、一方でそれだけではあまり意義が成していないことにも気がつきました。
崩せない支持するそうも圧倒的に多く存在しているのもまた事実なのでしょう。
潰すには、我々が逃さず、彼らの不祥事を暴き続けることだと思っています。
私たち草の根が発言力を連れられるよう、日々努力していきたいと思っています。
ご一緒に何か出来ることなどあれば、お誘いください。
よろしくお願いします。
2006/12/03(日) 13:44 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://premiumkiss.blog81.fc2.com/tb.php/43-4aa701fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  10月2日にランキング(政治)に再参加巧妙な日本侵蝕を許すな! 日本の毒害-週刊金曜日週刊金曜日の最新号 ---------- 夜半の友人からの連絡  先稿で、読者の皆さんに、週刊新潮(12月7日号)掲載の「皇室侮辱
2006/12/02(土) 17:07:45 | 博士の独り言
『週刊新潮』最新号で、醜悪な不敬寸劇が演じられていた事が告発された。主催したのは在日雑誌『週刊金曜日』だ。それは御皇室への中傷に留まらず、理性の片らすらない外道芝居であった…
2006/12/02(土) 17:12:07 | 東アジア黙示録  
政党助成金は政治献金を抑制する為に創設されたはずでは...朝日より以下引用外資50%超、政治献金OKへ 改正案が衆院委で可決2006年12月01日20時00分 企業・団体献金の外資規制を緩和する政治資金規正法改正案が1日、衆院の「政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関
2006/12/02(土) 18:29:25 | イプサム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。