愛国・愛郷の精神を尊び、日出処の民としてこの国を憂い活動します。

人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
昨日エントリーしたかったのですが、朝鮮総連の動きがあったため本日の掲載となりました。
最近支那の諸外国を巻き込んだ動きがとても活発なものとなってきております。
例に漏れずわが国もその対象。

先のAPECの席上、色々と両国の接近が取りざたされている様子です。

◆靖国参拝問題を追及せず、対日政策急転の中国
APECでの日中
11月18日、ベトナム・ハノイで会談する胡総書記(左)と安倍首相(Getty Images)
 【大紀元日本11月27日】このほどベトナムで開催されたAPEC会議で、安倍晋三首相は中国共産党の胡錦涛総書記と会談を行った。会談の席上、胡錦涛・総書記は日本を訪問する意向を示し、これまで中国側が日中関係において常に問題にしていた靖国参拝問題には言及しなかった。
中国当局の対日本政策の急転について、海外の中国民主活動家は、「中国当局の目的は、日本に弱腰外交政策を継続させること。場合によっては日本が日米同盟から離脱することを狙っている」と指摘した。

 今回の会談は安倍晋三首相が10月に中国を訪問してから、日中首脳にとっては二度目の会談となる。ここ五年間、中国当局と日本の関係は冷え込み、両首脳は訪問を控えていた。中国当局は、中日関係の悪化の原因は小泉純一郎・前首相の靖国神社参拝であると主張した。しかし、今年10月に安倍首相が北京を訪問する際に、中国当局は盛大に歓迎し、これまでに問題にし続けてきた靖国神社や、台湾などの問題についても譲歩した。

 中国当局による対日本政策の急転について、中国民主運動海外聯席会議の主席・魏京生氏は大紀元の取材で、「中国当局の目的は、日本に弱腰外交政策を継続させること。場合によっては日本が日米同盟から離脱することを狙っている」と指摘、これは中国当局の罠であると警鐘を鳴らした。

 胡錦涛総書記の訪日願望
 安倍首相は今回のAPECでの会談の席で、再度、胡錦涛総書記の訪日を提案した。それに対し、胡錦涛総書記は感謝の意を表し、外交ルートで調整していくことを示した。中国外交部の報道官劉建超氏は、中国当局は日本訪問に積極的な姿勢でいると表明した。BBCの報道によると、明らかな変化が見えた両国関係に、メディアの注目が集まった。

 安倍晋三首相は小泉前内閣閣僚で、小泉前首相の靖国神社の参拝を支持し、自らも参拝をしていた。首相就任後に、安倍首相は靖国神社問題について明言を避け、現時点までに参拝問題に関する意見発表を控えている。今回APECに参加した日本の政府関係者によると、双方は靖国神社問題についての議論を交わさなかったという。

 日本との関係改善を急ぎ、大きく譲歩する中国
 今年10月、安倍首相が北京で胡錦涛・総書記と会談した後、双方は「日中共同プレス発表」を公表したが、靖国神社や台湾問題には言及しなかった。

  日本国内のメディアも中国当局の尋常でない行動に気づいた。朝日新聞は11月2日のコラムで、中国当局は日中関係において、一貫として歴史と台湾問題を両国の政治の基礎としてきたと指摘、中国当局は各国の首脳と会談する際にも、必ず相手国に台湾問題に関する意見表明を要求してきたという。例えば、10月の安倍首相が訪中した直後に、フランスのシラク大統領も中国を訪問した。共同記者会見で、シラク大統領は一つの中国の原則を強調した。

 安倍首相が中国首脳陣と会談した後、台湾問題のような重要議題を日中共同プレス発表に取り上げなかったことについて、朝日新聞のコラム記事は、胡錦涛・総書記は日中関係を改善するために、敏感な問題に執着せず、考慮したのではと解釈した。

 魏京生:中国当局は、日本の弱腰外交政策を必要としている
 中国民主運動海外聯席会議の主席・魏京生氏は大紀元の取材を受ける際に、「多くの政治家とジャーナリストは、中国の譲歩は罠であるとみている」と明かした。

 魏京生氏は、安倍首相の政治信条は右よりであり、小泉首相よりもさらに強い姿勢で臨むと外部は認識していた。この現状は中国当局の目的と反するため、「中国当局は、日本が引き続き弱腰の外交姿勢を保つことを願っている、場合によっては、日米同盟から離脱するような国になってほしい」と分析した。

 「中国当局の譲歩は罠であり、安倍首相が将来右寄りの政策を実行すれば、中国は日中関係が悪化する責任を安倍首相に押し付け、安倍政権にとって、これは非常に強い圧力に働き、特に日本の産業界は 安倍首相に強い圧力をかけるはず」という。

 魏氏は、その後ろの原因は中国は戦争で国内の危機を転嫁しようと図っていると分析、中国当局の台湾攻撃の条件として①ロシアの支持②NATOと米国が根本的な意見相違を生じる③弱い外交政策を講じる日本国の三つを挙げた。

 地理や、経済、政治などの要素により、日本は朝鮮半島および台湾海峡の情勢において、重要な役目を果たしている。米国はここ数年日本との軍事協力をさらに強化し、台湾を日米安保条約の対象にリストアップしている。陳水扁・大統領は最近の発言の中で、日米台の安保体制を構築するよう呼びかけている。 
(記者・王珍)
ソース:大紀元(06/11/27 08:43)
http://jp.epochtimes.com/jp/2006/11/html/d98165.html


魏氏の主張、かなり的を射たものだと思います。
中国が現在積極的外交に打って出ている背景には、国際貢献の大義名分を担保に人権問題などの国際的批判をかわそうとしていることが挙げられます。

ただ、支那の狡猾さははそれだけではないでしょう。
本当に策略に長けた国家だと感心してしまいます。

◇中国、10月に北朝鮮への原油輸出を再開=税関総署
 [北京 27日 ロイター] 中国税関総署が27日に公表した統計で、中国が10月に北朝鮮への原油輸出を再開していたことが分かった。

 中国は10月、北朝鮮に5万8685トンの原油を輸出。これは、前年同月から67.7%増で、今年4月以来、最高の水準。

 統計によると、中国は9月、北朝鮮への原油輸出を行っていない。
ソース:gooニュース(2006/11/27 16:12)
http://news.goo.ne.jp/article/reuters/business/JAPAN-237557.html


日本が対北制裁を強化し、米が韓国の対北融和政策の批判を行う中、狡猾で計算高い行動を行っていたと見てよいでしょう。
これで朝鮮半島有事がどちらに転んでも、支那は利を得る布石が打てたことになります。
また、韓国政府も27日、来年度の南北協力基金として1兆1855億ウォン(約1481億8700万円、軽水炉の予算を除く)を可決したようです。

このようにあたかも特亜による日本包囲網がしかれる中、わが国では朝鮮総連に対し強制捜査を行いました。(事前に漏れ漏れだったとの情報あり。)

現在、6者協議の再開に向けた調整のため、関係各国要人が北京入りしています。
そして本日、次のようなニュースが流されました。

◆北朝鮮代表「核保有国」を強調 米との対決姿勢鮮明に
 北朝鮮の核問題をめぐる6者協議の再開に向けた調整のため、同国の首席代表を務める金桂寛(キム・ゲグァン)外務次官が28日午前、北京に到着した。米中の首席代表と協議する。金次官は北京空港で「核保有国」としての立場を強調し、米国との対決姿勢を鮮明にした。米国による事実上の金融制裁問題などで対立する米朝が再開の日程で合意できるかどうかが最大の焦点だ。

 金次官は平壌からの定期便で北京に到着。待ち受けた記者団に「ヒル米国務次官補に接触するために来た」と発言、6者協議の再開時期について「米国次第だ」と語った。さらに「核実験を通じて、我々に対する制裁や圧力への防御措置を取ったので、堂々とした地位で話ができる」と述べ、核保有国としての立場を強調。市内に向かった。

 27日に北京入りしたヒル次官補、6者協議の議長役の武大偉(ウー・ターウェイ)・中国外務次官は28日午前、協議会場となる釣魚台国賓館に相次いで入り、金次官も続いた。

 まず米中と中朝が2国間で話し合い、さらに3者で会合後、米朝が協議する、とみられる。
ソース:朝日新聞(2006/11/28 12:44)
http://www.asahi.com/international/update/1128/011.html


完全に米中朝の構図となっています。
この構図は、完全に中朝の思惑と合致したものです。

彼らの狡猾さと対照的に、米与党が中間選挙敗北したことにより、大幅な譲歩をしてでもこれに乗らざるを得ないというのが正直なところでしょう。
そんな空気を嗅ぎ取った北朝鮮が意気揚々と北京に乗り込んだのです。

今しがたTVのニュースでは、2国間協議が行われたとの報道がありました。

わが国の未来が、密室において彼らに決定付けられるなど、断じて受け入れ難いものです。

またわが国の梯子が外される構図になるのでしょうか?
これを見ても、わが国の抱える外交的問題がいかに根深いものかであるかが、透けて見えてきております。

わが国は、他国に思想侵略され、捏造された歴史の亡霊を相手に土下座外交を繰り広げてきました。
現在、わが国は大きな岐路に立ったのではないでしょうか。

愛国思想を取り戻し、自国防衛のため現実的な武装を果たす大きなチャンスなのではないでしょうか。
わが国の外交が、今後も対北政策を堅持していけるかどうかが注目されるところです。

踏ん張れ、日本!!
↓↓と賛同される方はクリックお願いします。

人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログへ ←こちらもクリックご協力ください。
FC2_ランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
トランプの婆抜きの婆の如き朝鮮民族を捨てよ。
掴んだものが、損をする。疫病神をロシアに掴ませよ。朝鮮の毒を彼らはまだ知らない。問答無用とムチを鳴らすイワンなら朝鮮を飼い慣らせるか。
2006/11/29(水) 14:38 | URL | 寄稿人 #-[ 編集]
まさしくババですね。
イワンも世界を巻き込んでいろいろと強権やらかしてくれてますから、クワバラです。
どうせなら、半島ごと黄海に沈んでくれたほうが。。。
2006/11/29(水) 23:52 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://premiumkiss.blog81.fc2.com/tb.php/40-6e1656b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  PCがまたご機嫌斜めになり、昨日書いていた記事のつづきが消えてしまった。(涙)<教基法の改正16条について書いていたものの一部も。(泣) 両方とも改めて、書き直すです。・・・何か急に左クリックが機能しなくなることがあって、超不便。> TBもうまく行か
2006/11/29(水) 00:17:29 | 日本がアブナイ!
以前にも書いたいよいよ参院選^^えっ?ちょっと早い(笑)で来夏の参院選の簡単なまとめです。我ながら表まで作ったりしてよく頑張ったなって感じでもう一度アップします(笑)Q. 参議院議員が半数ずつ改選されるの
2006/11/29(水) 00:25:32 | らんきーブログ
一党独裁政権と言うのも、人民は虐げられますが行き過ぎた資本主義社会も問題ですね。高齢化社会になっても、日本はこうなって欲しくないです。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/294511日入院で1276ドル(約15万円)って高いですね。医療費にも問題があると思
2006/11/29(水) 22:08:46 | イプサム
 バカボン中川幹事長が、阿呆にも誓約書なるものに拘ったが為に、多少の混乱はあるかと思われた自民党復党問題ですが、どうやら、大方の悪い予測通り、このまま復党届けが受理されるという流れになりそうです。自民、平
2006/11/30(木) 01:24:40 | 或る浪人の手記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。