愛国・愛郷の精神を尊び、日出処の民としてこの国を憂い活動します。

人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
憂国の民として、取り上げずにはいられない一報が入りました。
近時、特に子供の関係する事件が多発しています。

特に以前より、児童虐待については大きな問題だと考え、非常に心を痛めております。

次に掲げるニュースを一読いただきたいと思います。

◆首の鎖は柱に固定、トイレも鎖つき…大阪の長男虐待
 大阪府能勢町で、中学2年生の長男(14)を虐待したとして大阪府警に逮捕された母親のスーパー店員北寿々代(39)、内縁の夫のコンビニ店員宇田克巳(34)両容疑者は、長男の首に巻いた鎖を南京錠で柱に固定し、トイレにも鎖でつないだまま連れて行ったことが分かった。
 府警は監禁容疑でも追及、虐待の実態を調べる。長男は府池田子ども家庭センター(池田市)に保護され、「大人は誰も信じられへん」と話していたという。
 調べによると、北、宇田両容疑者は8月20日~9月7日、自宅で長男に「勉強せず居眠りした罰」として金属バットや竹刀をひざ裏に挟ませ、折り畳んだ脚立の上に正座させるなどし、両足に軽傷を負わせた疑い。両容疑者とも「しつけを超える暴力だった」と容疑を認めている。
 府警などによると、2人は正座した長男の衣服に鈴を付け、音が鳴ると「姿勢を崩した」として太ももを踏みつけていた。さらに、「ニキビ予防」を理由に食事をご飯とみそ汁だけに制限していた。同居していた祖父母は、しつけだと黙認していたという。
 今年9月、通学していた町立中学校の校舎裏で、長男が自宅から持参したスイカやトマトを食べているのに学校側が気付き、体重も5キロ減っているのを確認。学校から通告を受けた家族センターが今月、宇田容疑者を府警に告発していた。
 長男は小学6年だった昨年2月、学校を訪れたボランティアに宇田容疑者の暴力を相談。家族センターなどが北容疑者らを再三指導していたが、「力の指導をしないと能力が育たない」などと言い張っていたという。
ソース:読売新聞(2006年11月26日0時24分)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061125it14.htm?from=top


最近特に、子供をモノとしてしか扱わない馬鹿な人間が、わが子を虐待するような事件が頻発しています。

私自身、3人の子を持つ親であり、日々格闘の毎日を送っております。

我々多くの親という立場の目から見れば、この記事のような者が存在していることが、本当に信じ難いく思えます。
確かに、世の中には子育てに疲れ、ジレンマを抱えながら生活を送る親もたくさんいます。
しかし、虐待事件を引き起こす者達は、そういう次元ではなく、人間としての尊厳の無い、理性や愛情を持たない者ばかりかと目に映ります。

子供は、我々の次を担う我が国の宝です。
我々は、子供たちにつないでいく義務があり、責任があります。

我々の先人たちが残してくれたものをあまりにも我々は壊しすぎていませんか?
『愛国心』『文化』『アイデンテティー』・・・
我々は子供たちにもっと責任を持つべきです。

ましてやわが子を虐待する親など、絶対にあってはならないことだと思います。
一番信ずべき、親に裏切られた子はどれだけ心が傷つくか。
他の誰からされるより、一番心を折られることだと思います。

本当に、心が痛いです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://premiumkiss.blog81.fc2.com/tb.php/36-ee8e1ea5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。