愛国・愛郷の精神を尊び、日出処の民としてこの国を憂い活動します。

人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
そう、『俺のものは俺のもの、お前のものも俺のもの』とのフレーズで有名なジャイアニズム。
この思想は、まさしく傲慢で覇権主義的な『中華思想』そのものなのです。
現在対日本においても、東シナ海のガス田での侵略操業、尖閣諸島問題など我が国主権を脅かす行動を繰り返しておりますが、
今度は、支那主席の訪問を目前に控えたインドを相手に中華(侵略)思想を爆裂させているようです。

◇未確定のインド国境地域、中国大使が「我が国のもの」
【ニューデリー=永田和男】中国の胡錦濤国家主席によるインド訪問を目前に控え、中国の孫玉璽・駐インド大使が13日、両国間で国境が未画定のインド北東部アルナチャルプラデシュ地方について「すべて中国のものである」とテレビ番組で発言した。
これに対し、インドのムカジー外相は14日、「(同地方は)インドの不可分な一部」と述べ、同大使発言に不快感を表明。同地方のシン州知事も「中国のごう慢な交渉姿勢だ」と述べた。
中印両国は1962年に大規模な国境紛争を起こした。2005年4月、国境問題早期解決の方針で合意したが、アルナチャルプラデシュの帰属は両国の緩衝であるブータンの安全保障に直結するなど戦略的に微妙な問題をはらみ、胡主席訪問でも解決は困難とみられている。
ソース:読売新聞(2006年11月15日0時11分)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20061114id21.htm


本当に傍若無人とはこのことです。
そんな支那の得意技はもう一つ。 そう、環境汚染です。

◆東シナ海で電池の海洋投棄が問題に 中国農業省
14日の新華社電によると、中国農業省はこのほど、東シナ海で毎年500万個の漁業用電池が投棄されており、海底に重金属が染み出るなどの汚染が懸念されていることを明らかにした。投棄されているのは漁船の照明用電池が中心で、古くなると大半がそのまま海に捨てられているという。(北京 共同)
【2006/11/15 東京朝刊から】
ソース:SankeiWeb(11/15 07:33)
http://www.sankei.co.jp/news/061115/kok004.htm


汚染を撒き散らしながら周辺諸国へ侵略行為を繰り返していくこの国家は、泣く子も黙る国連の常任理事国であり、人権侵害国としても世界的に認知されているのです。

彼ら掲げる『中華思想』は、歴史のうねりの中で遥か昔に崩壊しているといっても過言では無いでしょう。
我が国においても607年、聖徳太子が隋の煬帝に対し「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無きや…」との書簡を送り朝貢関係に終止符を打ちました。
主権国家への道を歩む過程において事実上、中華思想を相容れぬものとしているのです。

このような化石思想とも思われる自己中心的な侵略思想がいまだ、支那を突き動かし、世界中の資源をむさぼり、汚染を撒き散らしているのです。

また、南朝鮮による竹島侵略もこれに準ずる『小中華思想』の遺物だと考えても良いでしょう。
これらは善悪の別を持たない民族の上に成り立つ思想であり、違法コピーや版権略奪など、通常の世界認識上「犯罪」である行為すら国家ぐるみで行われている現状があります。

是非とも日・印政府は連携して、世界に対しこれら侵略思想の危険性を強く訴えていただきたいものです。


↓↓支那は大国としての自覚と責任を培え!と賛同される方はクリックを。
人気ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
拝啓、支那は説教強盗国家です、 自明の理です。

最近、この事が漸く少しずつ報道される様になりました。 草々
2006/11/17(金) 01:21 | URL | (^-^)風顛老人爺 #-[ 編集]
(^-^)風顛老人爺 さんこんにちは。
おっしゃるとおり、支那の傍若無人振りにはあきれるばかりです。
マスコミ報道では未だ消極的な部分が多々あります。
ですので、我々がネットでこれらの事実を広めていくことは、大変意義のあることだと考えています。

まだまだ、はじめたばかりの未熟ブログではありますが、
今後とも当ブログをよろしくおねがいします。
2006/11/17(金) 08:54 | URL | Kiss.xxx #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://premiumkiss.blog81.fc2.com/tb.php/22-4539a052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「朝鮮総連に学ぶ因縁のつけ方…対マスコミ恫喝抗議」について東アジア黙示録様http://dogma.at.webry.info/がランキングに参加されたようです。ここはすごい、いい加減な新聞の社説を読む位なら、100倍は為になるだろう。14日付けの記事は朝鮮総連について書かれてい
2006/11/16(木) 00:22:38 | イプサム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。