愛国・愛郷の精神を尊び、日出処の民としてこの国を憂い活動します。

人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
マスコミ(特に特定系列)の腐敗ぶりにはホトホトあきれるばかりです。
自分たちがいかに日本人の心から離れつつあるかを見つめなおしてほしいと思います。
彼らは、ペンという破壊兵器を使って、私たち日本人の心を傷つけ続けています。

◇宮内庁が週刊朝日に抗議 皇太子ご夫妻の記事めぐり
 宮内庁東宮職は13日、週刊朝日11月17日号の「雅子さまと皇太子殿下が考えていた皇籍離脱の『真相』」の見出しや記事が「事実無根」だとして、抗議するとともに謝罪文の掲載を求める文書を同誌編集部あてに送付した。
 記事は、オーストラリア紙の元東京特派員が執筆した「プリンセス・マサコ」の英語版を紹介する形式で、著者へのインタビューなどで構成。体調を崩している雅子さまを気遣った皇太子さまが、一時、皇室を離れることを検討したなどとの内容となっている。
 同誌の山口一臣編集長は「真摯(しんし)に対応させていただきます」などとの談話を出した。
ソース:産経新聞(11/13 20:57)
http://www.sankei.co.jp/news/061113/sha015.htm

先日の佐賀県での毎日記者の発言といい、最近こうした皇室を巡る不詳報道が横行しています。
日本国民の象徴である天皇陛下、如いては皇室縁の方々に対する冒涜は、純日本国民に対する唾吐き行為ともとれる行為です。

さてそんなマスコミで、本日テレビ朝日でセクハラ不祥事で2名の懲戒処分者が出たとか。
更には、日経新聞者で株取引で不祥事があり、社員を処分したとか。
このどちらも実は全く詳細を明かさず、結果のみの報道となっている模様。

今のマスコミは、取材対象であるものには肖像権、プライバシーなど全くもって無視する過熱報道を繰り広げるのに、いざ己の立場に至っては保身一色。

この国の主要メディアは本当に腐ってしまったようです。

先の拉致問題のNHK放送命令においても、予めこのような事態を予定し放送法に盛り込んであったもの。
それが実際に政府の命令によって特定の放送を取り扱う段階になって、問題がある。などとは、到底通らない言い訳では無いでしょうか?
この問題に対して、与党議員までもが批判している現状を見て、心の底から受信料を払いたくなくなってしまいましたよ。。。

これらに代表されるように我が国のマスコミは政府の足を引っ張っる今年か考えないようになってしまいました。

TBSの捏造報道問題然り、今後このような勢力に対しての法整備が進められる機運が高まるよう願ってやみません。

↓↓腐敗マスコミに法整備を急げ!と賛同される方はクリックを。
人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログへ←こちらもクリックご協力ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://premiumkiss.blog81.fc2.com/tb.php/21-20d1ce7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
10月2日にランキング(政治)に再参加奈良市の「病欠」元職員を強要容疑で逮捕 中川昌史容疑者 読者にはご存知の通り、2000年12月以降、異なる病名の診断書を提出。累計34回の病気休暇・休職を取得。約5年間で出勤わずか8日
2006/11/15(水) 01:53:11 | 博士の独り言
「中国流のスポーツ観戦マナーか?」についてこれはヒドイまだ取り上げている所が少ないようですが、私の巡回先のクルトンパパさまhttp://crutonpapa.at.webry.info/200611/article_103.htmlと最後の聖戦さまhttp://blog.livedoor.jp/you_tachibana/archives/50637021.html
2006/11/15(水) 21:02:26 | イプサム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。