愛国・愛郷の精神を尊び、日出処の民としてこの国を憂い活動します。

人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
731部隊の石井四郎部隊長が残したメモで、河辺虎四郎陸軍参謀次長が「犬死(に)をやめよ」と、梅津美治郎陸軍参謀総長が「静かに時を待て」と言及したと記されている部分TBSの情報操作報道で一躍世間に浸透する存在ともなった『731部隊』。
細菌兵器開発のため、残虐な人体実験が繰り返されたなどと、中共主導でのプロパガンダが世界で広がっていますが、
南京大虐殺同様、証拠とされる写真は捏造モノ、殆ど存在しない資料の代わりに、想像と真偽の判らぬ体験談。
国内でも既存の根拠は既に論破されてきた感がありますが。。。

◆旧日本軍「細菌戦研究」 米が機密文書公開
 米国立公文書館(メリーランド州)は、旧日本軍が当時の満州(現中国東北部)で行った細菌戦研究などに関する米情報機関の対日機密文書10万ページ分を公開した。

■石井中将 尋問記録も

 文書目録によれば、石井四郎軍医中将を含む731部隊(関東軍防疫給水部)関係者の個別尋問記録が、今回の公開分に含まれている。また、細菌戦研究の成果を米軍に引き渡したとされる石井中将が、米側に提出する文書を1947年(昭和22年)6月ごろ執筆していたことを裏付ける最高機密文書も今回明らかになった。(ワシントン 山本秀也)

■戦争犯罪を立証

 今月12日に公開された機密文書は、ナチス・ドイツと日本の「戦争犯罪」を調査するため、クリントン政権当時の99年に米政府の関係機関で構成された記録作業部会(IWG)が、米中央情報局(CIA)や前身の戦略情報局(OSS)、日本を占領した連合国軍総司令部(GHQ)などの情報文書を分析し、機密解除分をまとめて公開した。

 IWGの座長を務めるアレン・ウェインステイン氏は、「新たな資料は学者らが日本の戦時行動を理解する上で光を当てる」と意義を強調するが、作業は「日本の戦争犯罪」を立証する視点で行われた。日本語資料の翻訳と分析には中国系の専門家も加わっている。

 細菌戦などに関する米側の情報文書は、これまでも研究者が個別に開示請求してきたものの、一度にこれだけ大量に公開された例は少ない。

 情報の一部は34年(昭和9年)にまでさかのぼるが、終戦の45年(同20年)前後4年分が大半を占めている。

 文書内容の大半は731部隊など細菌戦研究に関する内容だ。公開文書の概要によれば、37年12月の南京事件に関する文書が一部含まれる。IWGでは「慰安婦問題」を裏付ける文書も探したが、「目的を達せず、引き続き新たな文書の解析を図る」と述べるなど、調査では証拠が見つからなかったことは認めている。

■日本の使用警戒

 細菌戦の研究競争が大戦下で進む中、米側は日本の細菌兵器使用を終戦まで警戒していたほか、奉天(現瀋陽)の収容施設で、連合軍の捕虜に細菌実験が行われた形跡がないかを戦後調べたことが判明した。同じく米本土に対しても、日本からの風船爆弾が細菌戦に使われないか、米海軍研究所が回収した現物を大戦末期に調べ、「細菌の散布装置がついていないことから、当面は細菌戦を想定していない」と結論づけた文書も公開された。

 細菌戦に関する米国の日本に対する関心は、44年ごろから終戦までは、細菌兵器の開発状況と731部隊の活動実態の解明に重点が置かれ、終戦から47年ごろまでは、同部隊関係者への尋問による研究成果の獲得へと、重点が移っている。

 米側が最も強い関心を抱いたのは、731部隊を指揮した石井中将だった。45年12月の情報報告には、千葉県の郷里で中将が死亡したことを装った偽の葬式が行われたことも記されているが、翌46年から47年には中将に関する報告や繰り返し行われた尋問の調書が残されている。

■保身引き換えに

 石井中将は自らと部下の保身と引き換えに、細菌戦研究の成果を米側に引き渡したとされてきたが、47年6月20日付の米軍最高機密文書は、こうした説に沿う内容を含んでいる。

 「細菌兵器計画の主要人物である石井中将は、問題全体にかかわる協約を現在執筆中だ。文書には細菌兵器の戦略、戦術的な使用に関する彼の着想が含まれる。石井中将の約20年にわたる細菌兵器研究の骨格が示される見通しであり、7月15日には完成する」

 同じ文書には、「日本南部の山中」に隠されていた「細菌に侵された200人以上から採取された病理学上の標本スライド約8000枚」が、47年8月末までに米側に提供されることも付記されていた。

 米側では日本からの情報収集を急ぐ一方、冷戦でライバル関係となる旧ソ連に細菌戦に関する情報が渡ることを強く警戒していた。ハバロフスク裁判のため、旧ソ連が請求してきた細菌戦関連の証拠引き渡しを渋る一方、約30人の731部隊関係者が「モスクワ近郊で細菌兵器の研究プロジェクトに従事している」とする48年4月の情報報告も今回明らかにされた。
ソース:産経新聞(2007/01/18 10:26)
http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070118/usa070118004.htm

どうも上掲の記事が出たことで、直ちにそれらが再評価される動きに直結するかどうかは、怪しいのかもしれません。
【参考】原文で紹介しているPDFファイル
Select Documents on Japanese War Crimes and Japanese Biological Warfare,1934-2006 (23.2 MB)
http://www.archives.gov/iwg/japanese-war-crimes/

今回のソースの関連報道では総じて、「新しい発見は無かった」と伝えられてはいますが、
今まで云われてきた人体実験の話は、証拠としていくつかの文書が挙げられているとされています。
同レポートの導入部分では日本軍が空から細菌入り蚤を撒いたとも紹介されていることから、単純に喜んでよいことでもなさそうです。

ただ、中共がプロパガンダ目的で証拠としているものは、既に捏造論破されているので、問題外。
「一見関係ありそうで実は無い文書」と「証言」を組み合わせることで、
犯罪が立証できているように見えてしまうというトリックで全世界に捏造電波を撒き散らしているのが実態です。

森本誠一 著「悪魔の飽食」がこれら捏造写真と情報提供者の証言の信憑性が大いに疑われたことと、共産党との関係から疑惑の目が向けられ、これらを追求された単行本出版元・光文社は捏造を認めて同書を絶版にしたのは有名なハナシです。

上掲ニュースの、
>「細菌に侵された200人以上から採取された病理学上の標本スライド約8000枚」
も、ソレが即ち、人体実験に繋がるなどと、短絡的誤解をしないようにしましょう。

その他我が国内からも、当時の731部隊を知るとされる方々の証言が存在します。
【参考】七三一部隊元隊員証言記録 (Dr.山本の診察室)
http://www3.coara.or.jp/~makoty/library/memory731.htm

ただこの記録の不思議なのは、よくもこんな事細かに覚えているものだ。と・・・
一読すれば、ちょっと矛盾を指摘したくなるところもある。

でも、結構良く出来た話なんですよねぇ。。。 時間的流れも大まかには史実に沿っているように感じますし。
読み物としては、なかなか面白かったです。

------------------------------------------
第二次世界大戦での日米衝突は「ハルノート」の解釈を巡って、回避不能の戦闘に至ったとされています。

日本敗戦後、731部隊率いる石井部隊長らは、司法取引によって米国にBC戦術情報を提供(一部であり、全体の漏洩は隠すことに成功したとされています。)を行いました。
一部では、アメリカがそれらで得られた情報を、独自に進め、ベトナムに枯葉剤を撒いたとも伝えられています。

核も化学兵器も、実戦使用することが重大な戦争犯罪であり、
死刑囚を戦時下で臨床実験に用いたことを、中共の陽動に乗ってヒステリックに「人体実験だ!」などと非難する者は、大変危険な存在だと思います。

-------------------------------------------
今回新たに公開されることとなった資料。
当然戦後既に、アメリカでは翻訳され検証が行われたのは、疑う余地の無いところ。

ではナゼ今更、原文から翻訳・分析しなおす必要があるのでしょう?
しかも、
>日本語資料の翻訳と分析には中国系の専門家も加わっている。
( ゚Д゚)ポカーン
なんで日本人ぢゃなくて中国系なの?

・・・クリキントン、必至だな。


未だ真相は闇の中である731部隊、不用意にプロパガンダに煽動されることのないよう、防ぎたいものです。

「出自不明資料」と「証言」のプロパガンダに騙されるな!!
↓↓と共感頂ける方はクリックお願いします。

人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログへ←ひとりでも多くの方に知ってもらうために、こちらと、
FC2_ランキング←こちらもクリックご協力ください。 明日への活力へと繋がります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
しんそーやみだってよ。
森本誠一 著「悪魔の飽食」がこれら捏造写真と情報提供者の証言の信憑性が大いに疑われたことと、共産党との関係から疑惑の目が向けられ、これらを追求された単行本出版元・光文社は捏造を認めて同書を絶版にしたのは有名なハナシです。
これさ、丸太が違ってただけじゃん。捏造してんのどっちだよ、カス!
2007/02/28(水) 04:24 | URL | ほりょほりょ #-[ 編集]
デジタルコンテンツ http://modii.archiunite.net/
2008/08/29(金) 21:33 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://premiumkiss.blog81.fc2.com/tb.php/122-a76a8d94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。