愛国・愛郷の精神を尊び、日出処の民としてこの国を憂い活動します。

人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
麻生外相、中川政調会長のラインで「核の議論の必要性」に関する発言があってから、
色々なブログで取り上げられてきたので、
まぁ特に語ることも無いか。。。
と考えてきたのですが、やはり、日出処の一国民として発言を残しておこうと考えました。
まさしく中川政調会長の発言を捉え、世論を煽動すべくマスコミがまくし立てる。
それを受けて、民主・公明までも批判発言を繰り返し、与党さえもバカバカしい茶番に引きずり込まれていく。
いつもの光景が繰り広げられております。

私が日々参考に覗かせていただいているブログがいくつかあります。
その中の一つに〔皇国史観研究会〕という、国士舘大学を中心とした大学生が集うサークルのブログがあります。
11/5の投稿『“非核四原則”をぶっ潰せ!!』を引用させていただくと共に、紹介させていただくこととします。

その中の一文

我が国には「持たず、つくらず、持ち込ませず」の『非核三原則』という法的拘束力もないのに、みんなが拘束されてしまう不思議な方針がある。

 佐藤栄作総理が昭和四十二年に国会答弁でこたえた内容に尾ひれがついたものだが、最近ではこれにもう一項加えられたようだ。それは「論ぜず」だ。つまり核武装の議論を許さない、というわけだ。これをいれて「持たず、つくらず、持ち込ませず、論ぜず」の“非核四原則”だ


うまいことかくなぁと感心してしまいました。

確かに、誰にも「核の議論」を封殺する権利など無いのです。
公明・太田代表、共産・志位委員長、その他大勢(笑)がマスゴミ・公共電波を使用して必死に言論封殺する行為のほうが問題であり、決して許されることではありません。
・・・こいつら訴える方法って無いんだろうか。。。 (´・ω・`)

また同ブログでは、今紹介した民主・鳩山氏についてこう指摘しています。

鳩山氏は七年前に西村真悟代議士が「核武装検討」発言で問題になり、防衛政務次官を辞任させられた時に「核武装してもいいかどうかを国会で検討したらどうかと言った瞬間にクビを切られるとなると、国会で核をもつべきかどうかなんて議論がなされなくなる。議題に乗せることすらしてはいけないという発想もいかがなものか」と言って、議論を認めるべきと主張している。

・・・そうか、7年遅かったか。   って、ちが~う!
ミンス党は現代表含め執行部がサイテーだという認識はあったが、ここまでとは。。。 orz

公明党に対しても、早く連立解消して野に落ちてほしいと願ってる。
でも、昔みたいな汚職まみれの単独与党・自民党ならいらないけどね。

ただ、安部-麻生-中川ラインが我が国の国益のためにがんばって、売国左翼勢力を根絶してくれることを切望する。

北朝鮮のミサイル発射実験に端を発し、核実験まで至った現在において、未だ「有事ではない」とのたまう議員までいる。
私は、中川政調会長の「今やらなくて、いつやるのか」という発言こそが、今の我が国のとるべき姿を明確に映し出した言葉だと理解している。
だから我々国民は、この提案に対して真摯な姿勢で臨むべきであり、議論を始める時期が到来したことを認識すべきではないだろうか。
そして、積極的に議論し、有意義なものへと成すべきであると考えている。

負けるな、中川昭一! ガンガレ、皇国史観研究会!

↓↓鬼畜左翼の言論封殺は許さない!と賛同される方はクリックを。
人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログへ←こちらもクリックご協力ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
つくらず→外国産を使う、
持ち込ませず→国外で運用
持たず→富山置き薬方式で爆発するまで外国もの、爆発したら買い掛け発生、でも爆発したらか核はもってない

非核3原則っていっても核を使わないとはいってないヨ
ということで、中国と半島のみなさんよろしくね
2006/11/08(水) 09:20 | URL | 通りすがりのものですが #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
それならばなおさら、「核の議論」を封殺させるわけにはいきませんねぇ。
難しいのは、持ち込ませず→国外で運用ってことでしょうね。
わが国の防衛を行うのに、わが国領土外において運用する場合、
適正な運用が行われるだけの担保がないのではないでしょうか。
国外における領土は必ずどこかの国家に属する領土でしょうし。。。
仮に他国と同盟の下で運用を委託したできたとしても、
いざ使用となれば、国際社会からの非難を恐れて実行拒否されてしまうのではないでしょうか。。。

領土という概念を排除して考えれば、
核搭載した制御可能な衛星を配備するとか、
領土という定義を歪曲して、
核登載の原潜を建設するか というところでしょうか。
2006/11/08(水) 14:10 | URL | Kiss.xxx #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://premiumkiss.blog81.fc2.com/tb.php/12-12a0606a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。