愛国・愛郷の精神を尊び、日出処の民としてこの国を憂い活動します。

人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
行進する人民解放軍=2006年12月18日、パキスタン・アボッタバードで、パキスタン軍と反テロ合同演習でアジア各国を取巻く近時の緊張状態は、北朝鮮の核実験に端を発し、支那の無尽蔵な膨張、ロシアの謀略、韓国の自慰行為によって、更に懸念すべき局面へと突入しつつあります。
北朝鮮を巡る各国の思惑には依然隔たりがあるものの、日米連携の経済制裁の強攻によるダメージも相当大きな成果であると伝えられるほど。
昨年末、急遽開かれた六者協議では米の柔軟姿勢が一部懸念される状態となったものの、なんらの成果なく終了したのはご存知のとおり。
一部では金正日政権崩壊と彼の亡命が囁かれる中、中共の動きも気になるところです。

◆金正日政権崩壊時、中共解放軍が北朝鮮に進駐=専門家予測
 【大紀元日本1月9日】北朝鮮政権が崩壊した場合、最悪な状況として、親中政権が権力獲得後に中国人民解放軍を北朝鮮領土へ先に受け入れることであると、朝鮮半島問題専門家らが予測。そのために、韓国はこれまでに唱えてきた「朝鮮半島統一」の問題の解決が、現在よりさらに難しくなるとみている。

 「朝鮮日報」はこのほど発表した「北朝鮮の今後10年間の予測」の中で、韓国・世宗研究所の李相賢研究員の話しを引用し、北朝鮮政権崩壊後の最悪なシナリオとは、親中国共産党(中共)政権が権力を獲得したのち、中共軍が北朝鮮領土への進駐であるという。李研究員によると、金正日総書記の長男・金正男(キム・ジョンナム)氏および北朝鮮労働党総書記・金正日氏の義弟は親中派であることから、仮に金正日政権崩壊後に新政権を後継した場合、国家危機事態として「中朝相互友好協力条約」により、中共政府へ「軍事援助」を求めれば、中共は堂々と北朝鮮に合法的に進駐することができると分析した上、その可能性は十分あると指摘した。

 一方、米企業公共政策研究所(American Enterprise Institute for Public Policy Research=AEI)首席研究員のニコラス氏およびアイボスタド氏は、ナショナル・ビューロ・オブ・アジア(The National Bureau of Asian Research=NBR)で発表した年度報告書で、金正日政権崩壊時、北朝鮮政権内部において、金総書記の次男・金正哲(キム・ジョンチョル)氏の支持派と反対派の両勢力間で、内戦が勃発する可能性があると指摘した。その際、中共と米連合軍はそれぞれ北朝鮮の一部の領土を占拠する可能性があると分析している。

ソース:大紀元(07/01/09 09:55)
http://jp.epochtimes.com/jp/2007/01/html/d34794.html

当然、南北統一の白昼夢すら見る韓国政府にしてみれば、こんな事態は許し難いことでしょう。
今まで、全てを敵に回してでも必至になって開発援助を行い、要求されるがままカネとモノを送り続け・・・
それらが何ら実ることなく、中共に取って替わられることなど。


当然、別のシナリオだって有り得るのです。
米は第二回目の核実験を牽制すべく、在日・韓米軍基地に戦闘機を増やし、海上監視による締付けを強めています。
昨夜エントリー「戦う男『ベル在韓米軍司令官』」とも関係しますが、
米にしてみれば、戦時統制権譲渡や在韓米軍早期撤退にしても、既に半島に駐留ことのリスクが増大しすぎている表れでしょうし、
ごく一部の意見ですが、米は有事にあたり最早、半島の焦土化も辞さないのでは?
とも囁かれているのです。

しかし、武力による半島有事となれば、不凍港を夢見るロシアも南下を試みるでしょうし、陸続きの中共も間違っても黙っていることなどありません。
結局、核保有3大国 米・露・中で北朝鮮領土の分割統治となる可能性もあります。

当然そうなれば、米の占拠領土は韓国に統治を任すこととなるでしょう。

一昨日エントリーの「踊る盧武鉉大統領!?」でナポレオン・ソロさまからいただいたコメントに次のような一文があります。

極東情勢は日に日を継いで緊張を増して居ります、原因はいくつか挙げられますが、惹いても、韓国の大きな左傾化が、極東の政治力のバランスを大きく崩し始めているといって良いでしょう。

 韓国は、言外に米韓同盟の解消を含む主張を繰り返して居りますが、現体制の主張が08年に決まる次期政権に継承される様であれば、最早、防共ラインは、38度線から一気に対馬海峡迄南下する事になります、その時には竹島は日米同盟にとって、イキナリ防共ラインの最前線となるわけで・・・

そう、突然韓国が中共に事大する可能性だってあるのです。
なんせ『不良中華思想が民主主義の皮をかぶっている』ような国ですから。
最早、我が国においては憲法改正が急がれるべきと考えるところです。



さて一方で、
現状のアジア膠着状態の中、クーデター等で北朝鮮の現政権が倒れるようなことになれば、当然、権力の肥大化が顕著である軍部が台頭すると考えられますが、まさしくそれは上掲記事のように中共に擦り寄っていく結果を導くでしょう。


左図から支那の対北投資の増大が見て取れます。
これは、中共が不毛の地をどう捌こうとしているのか? の目論見を透かす資料といってもよいでしょう。

北朝鮮はタングステン埋蔵量 66万トンで世界第2位、マグネサイト鉱は埋蔵量36億トンで世界第1位といわれており、その他モリブデン、ニッケル、マンガン、コバルト、タンタル、ジルコニウム、ベリリウムなどが豊富とされています。
現在に至るまで、北朝鮮に懐柔政策を採り続ける理由がそこにあると見てとれます。

北朝鮮が中共に与することとなれば、東トルキスタンのような惨状も想像されるのです。
地下資源の奪略が始まり、貧困に付け込んだ人身売買や人権蹂躙など大きな闇が広がっていくことを否めません。

同時に、今以上の更なる深刻な汚染が広がることも懸念されるでしょう。

・・・かなりネガティブな内容となりましたが、
ソコに北朝鮮があろうと無かろうと、我が国にとっての危険はソコにあるままなのかもしれません。。。

日米同盟の防共ラインは韓国がカギであることには疑う余地の無いところ。
ならば、韓国現政権においても自然崩壊を待たず、水面下で早期崩壊を促す必要があるのではないでしょうか?
当然、共産に与することの無い国家再構築を行うためにです。

もはや、『半島有事の先』を見据えた議論を展開させるべき時期に差し掛かってきたのかもしれません。

---------------------------------------
-------------------
最近、PCの状態が非常に不安定な状態になっており、
エントリーの更新遅れや、コメントの返信が遅れております。
大変申し訳ございません。

全快に向けて鋭意努力いたしますので、暫くの間、ご訪問者にご迷惑おかけすることもあるかと思いますが、
ご容赦いただきますよう、よろしくお願いいたします。

日米は、半島有事の先を見据えた連携を加速せよ!!
↓↓と共感頂ける方はクリックお願いします。

人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログへ←ひとりでも多くの方に知ってもらうために、こちらと、
FC2_ランキング←こちらもクリックご協力ください。 明日への活力へと繋がります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 韓国の反日は完全に病気でしょう、しかも「不治の」が着きそうです、総ては反日教育の所為なんですが、それ以前に、日本と関わり合い過ぎた事が挙げられると思います。

 済州島出身のジャーナリストが書いていた告白本の中に、「朝鮮人民が、反日運動の結果、日本政府を打倒して独立を勝ち取った等と言う話は、総て妄言にすぎない、実際は、米軍に泣く泣く日本人であることを辞めさせられたと言う方が、現実を良く言い表しているといって良い」、つまり、彼等は朝鮮人である事を心底では辞めたい、朝鮮人であることから解放されたい、と願っていると言う事らしいが、私は、こういう見方が当たっている人達が相当数居ると思う、個人ベースではそう言うつっこんだ話が可能だから、本音を聞いた日本人は、つい同情する、だから、日本はず~っと、韓国に対するに、総ての面で異常に甘かったのではないか。

 朝鮮族とは言いますが、歴史的に見て決して一民族では無く、構成する民族も移り変わって居ると見るのが正しいでしょう、現在、その内実は、少なくとも3層構造となっており、その様な階層差別社会は、千数百年の歴史を数えるに至っています。

 戦後、嘗ての階層差別が、地域差別に継承されて居る様で、結果、キムデジュン前大統領が死刑判決を受けた光州事件の発端は、全羅道と慶州道の仲の悪さが原因で有るとされます。

 その程度は、常軌を逸していて、光州事件自体、最初は、唯の大統領選挙を題材としたデモでしかなかったのに、是をクーデターと拡大解釈して軍隊を派遣した事で多くの死者を出す一大紛争となったのです。

 その命令を出した時の大統領がチョン・ドファン、総司令官が後にノ・テウ元大統領で、行き過ぎた命令であった証拠に、彼等もその後、民政大統領キム・ヨンサンの就任直後の弾劾裁判で、死刑判決を受ける事になるワケです。

 現代韓国は、こうした統一新羅、高麗、李氏朝鮮、そして大韓帝国と続いた、シナ王朝の封建領主が支配する、暴力を背景とした搾取と差別の社会の残滓を、差別社会という形で、今でも重く引き摺って居る事が明白です。

 そう言った暗闇の千数百年にさした一筋の光明こそ、日本の同君合邦を旨とする統治だったわけで、汚辱と糞尿にまみれて、訪問した西洋人に「世界一不潔な社会」と形容された朝鮮社会は、日本側の大幅な持ち出しとなる出資で、僅か統治38年間で、大幅な近代化を果たしたのですから、人民ベースでは、日本を恋しがるのが本音でしょう。

 結果から言えば、終戦当時、彼等は、独立主権国家を決して望んではいなかったと言うことでしょう。

 國造りを任された高い教養を獲得した朝鮮人知識層が考える、独立国としての矜持を持つべき術イコール近代化達成の剽窃=日本の否定=反日教育を実施する一方で、庶民ベースでは、半日本人である事を自らに容認したいと言う本音の間に、葛藤が産まれるのは、是亦当然の仕儀だったでしょう。

 国境の認識さえ定かでない彼等の言動は是で説明できると思うわけですが、日本人はそれを容認してはイケナイと思います、外国人として突き放す事です、自主独立の國を自らの手で建設する事に南北とも邁進していただく様に、日本は一切関係を持たないのが、彼等の悪弊である、エセ被害者、依頼心をシャットアウトする事に協力する事になるのだと確信します。
2007/01/11(木) 11:41 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
ナポレオン・ソロさま こんばんは
エントリー中では、事前承諾なしにコメント引用させていただくなど、申し訳ございませんでした。
今後も説明の補完となるコメントの使用をご容赦いただきたいと考えているのですが、いかがでしょうか。
順序が逆になってしまったことに後ろめたさを感じておりますが、
私の文才の無さで形容でき得ぬ部分があるため、折にふれ引用させていただきたいのですが。。。
お返事お待ちしております。

さて、
>日本は一切関係を持たないのが、彼等の悪弊である、エセ被害者、依頼心をシャットアウトする事に協力する事になるのだと確信します。
全くそのとおりだと常々感じます。
反日・抗日の一方で、擦り寄ってくる、ストーカーの如き気持ち悪さ。
我々の社会には感知せず、隔離世界で過ごしてほしいと切望しますね。
地方自治体の中には、積極的に特亜の旅行者を誘致しようと試みる、侵略幇助団体がいくつも存在するのには、大変参ります。
是非とも近い将来、国交断絶を辞さないとの姿勢で臨む政府が、我が国の中枢に据えられるよう願ってやみません。
2007/01/12(金) 02:11 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
 拙文ながら、お使い頂ける部分が有れば、ご遠慮なくお使いいただいて結構です。
2007/01/12(金) 12:42 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
ナポレオン・ソロさま
ありがとうございます。

今後とも、よろしくお願いします。
2007/01/13(土) 19:04 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
倒産の検索サイト。倒産速報、倒産情報、会社、不動産、丸栄建設など倒産に関する各種情報をお届けしています。 http://hadj.portocallrestaurant.com/
2008/09/08(月) 06:47 | URL | #-[ 編集]
人材派遣会社は口コミランキング  http://www.jobcolle.jp/ 人材派遣会社を紹介しています。
2008/11/29(土) 07:07 | URL | 三田和博 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://premiumkiss.blog81.fc2.com/tb.php/112-32c06f3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。