愛国・愛郷の精神を尊び、日出処の民としてこの国を憂い活動します。

人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2_ランキング
我が国は、北方領土問題、竹島問題、尖閣諸島問題などに代表されるように、海洋国家として優先的に処理されるべき重要問題が山積しております。
また、それらの問題に絡み、我が国漁民らの操業が危険に晒され、
さらに、支那・韓国らは我が国に対し一層の海洋権益譲歩を目論み、日々違法活動を活発化させています。

◆「海洋基本法」成立へ 権益確保 民主も賛成
 25日召集予定の通常国会に自民党が提出する「海洋基本法案」に対し、民主党は賛成する方針を固めた。これにより、同法案は自民党、公明党の与党に加え、民主党の賛成多数で成立する見通しとなった。国の海洋政策の根幹にかかわる法律だけに、与党側は野党第1党の前向きな動きを歓迎。平成19年度予算成立後、早期の採決に向け、近く民主党と同法案の扱いについて、協議を開始する。
 同法案は、海洋政策を担当する省庁が、国土交通省や外務省、経済産業省、防衛庁など8つに分かれている現状を改め、海域を総合的に管理するのが目的だ。基本理念として(1)環境保全(2)持続可能な開発・利用(3)国際的協調-などの重要性を明記。その上で、海洋政策担当相の任命、首相を議長とする総合海洋政策会議の設置、海洋基本計画の策定などを盛り込む。
 海洋国家として、日本の権益を守る基本法の制定には、東シナ海の石油・ガス田開発を一方的に進める中国を牽制(けんせい)する狙いがある。自民党が12月に固めた、法案の基礎となる海洋政策大綱案では、「隣接国による石油・ガス田開発や海洋調査、密輸・密入国、工作船の侵入、シーレーンの安全確保などの問題に適切な対応ができず、国益を損なっている」と指摘した。
 自公民3党の協議で焦点になりそうなのは、民主党がすでに提出している海洋権益を守るための法案の扱いだ。
 民主党が一昨年の臨時国会に提出した、首相を本部長とする「海底資源開発推進本部」の設置などを盛り込んだ「海底資源開発推進法案」については、民主党政調関係者は「海洋政策の権限の一元化という趣旨では、基本法案とほぼ同じ」と説明しており、法案を取り下げる方向で党内調整を進める。
 一方、同党の「天然資源探査・海洋調査に関する権利行使法案」と、自民党が昨年の通常国会で提出した「海洋構築物に関する安全水域設置法案」は、いずれも排他的経済水域(EEZ)内での天然資源探査に関し、禁止・制限を加え、罰則も設けている。
 ただ、与党側が、基本法案の審議に先立ち、自民提出法案の成立を図るかまえを見せているのに対し、民主党内には「民主党案も審議すべきだ」と反発する声が根強い。統一地方選や参院選を視野に、与党との対立姿勢を強めようとする動きが活発になれば、協議は難航し、基本法案審議にも影響する可能性はある。
ソース:iza(2007/01/07 02:41)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/34047/

明日の防衛省昇格と共に、やっと我が国海洋権益の堅持が叶うこととなると考えてよいのでしょう。
これで国民が以前より、ヤキモキしていた問題が1歩前に進むことになりそうです。

我が国の権益を積極的に護るため、周辺海域の資源確保と海域内不法操業などへの厳正な対応が求められるものです。
しかしながら、現在既に着手済みの東シナ海のガス田「春暁鉱区」などには「時既に遅し」といったところ。
武力衝突するだけの決意が無ければ、及び腰のままいくことになるでしょうが。。。


それ以外で大きな意味を持つ案件としては、
対特亜用の領土問題の部分が大きいのではないでしょうか。
シーレーンの安全確保など、我が国漁民の強い後ろ盾になることはもちろんのこと、周辺国に対する今まで以上の抗議と世論に訴える姿が実現すれば、それだけでも我が国の海洋権益保護にとって大きな意味を持つことになるのではないでしょうか。

また、近い将来起こりうる「半島有事」に際しても、麻生外相は
「(北朝鮮から流入する難民が)武装難民である可能性が極めて高いと考えられるため、対応しなければならない」
との考えを示したようです。
◆韓半島有事なら「北難民15万人が日本流入」…韓国在住米日民間人撤収計画も
ソース:中央日報(2007/01/06 11:26)

こうしたものに対する包囲網を考えていると思ってもいいのでしょうか。

とにもかくにも、半島有事で15万人の難民が我が国に流入するなど、考えただけでもゾッとします。。。

さて、これらシーレーン問題に絡め、韓国では我が国へ海底トンネルを通す構想を練っているようで、
◇大統領選公約に韓日トンネル、高建元首相が検討中
ソース:Yonhapnews(2007/01/07 10:19)

反日・抗日を国是とする彼らが、ナゼ日本を目指すのでしょうか?

どう考えても侵略意図があると見ない限り、我々を納得させる説明は思いつきません。
英仏を結ぶユーロトンネルでは、現在では当初の目論見と異なり、不法越境者の温床となるなどの問題が深刻となっているといいます。
こんなものが実現すれば、当然同様の問題が引き起こされるのは明白です。

我が国政府要人がどれだけこの計画に加担しているのか、居るとすれば、本格的に『売国奴』として世論に訴えなければいけませんね。
既に在日によって悲痛な思いをしている我が国に、これ以上南北朝鮮人を受け入れることなど、まさに『日本沈没』を意味します。

このような妄想国家らに、我が国海洋権益がこれ以上侵される前に、我が国政府による、海洋国家としての確固たる立場の表明が急がれるものと考えられます。


しかしながら、韓国の韓日トンネルってどうなんでしょうね。
ニュースによれば、「巨済島から対馬を経て九州を結ぶ全長235キロメートル区間を海底鉄道と海底高速道路でつなげる大型プロジェクト」との事、
資金はどこから出るの? って、日本にタカル気満々でしょうし、
韓国本土ではなく、島から我が国本土を結ぶって言えば、侵略するき満々だと取られても仕方ないでしょうしね。

絶対反対です。

置き去りにされてきた我が国海洋権益の確保を急げ!!
↓↓と共感頂ける方はクリックお願いします。

人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログへ←ひとりでも多くの方に知ってもらうために、こちらと、
FC2_ランキング←こちらもクリックご協力ください。 明日への活力へと繋がります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 日韓海底トンネルなんて絶対ムリです。

 先ず、技術的に疑問です、単純に海峡幅から言って、ドーバー海峡や津軽海峡と比べて相当なムリがある事は自明の理でしょうが、対馬海峡や玄界灘の最大深度は100m以上有るはずですし、対馬も壱岐も潜り抜けねばならないワケです、トンネルの必要最大深度や限界勾配を考えて、出入口を何処にするのかと言えば、大凡ですが、韓国側はソウル南側位、日本は九州の熊本位に成ると思います、巨済島なんて沿岸に入口を造ってドウするんでしょう、亦、途中の地中には火山帯が有る事を考えれば、可能ルートは可成り狭められた地域になるでしょう、従って、肝心な全長235キロ自体、此処で倍くらいに成ります。

 最大の問題はトンネルの開通メリットです、8兆円足らず~20数兆円で出来るなんて言ってますが、韓国で海底トンネルを掘った等の話を聞いたことがありませんから、何をベースにした見積かも不明です、「海底」トンネル235キロですから、オソラク総工費は少なくとも十数兆円、工事ルートに拠れば数十兆円、地質・出水によるトラブルが起これば、多くの人命の犠牲と百兆円近い出資規模も予想されます、その支出をカバーできる利益を生み出せる様な開通メリットは考えられ無いですし、工事期間も10年位ではムリではないかと思います、亦、是までの日韓関係の経緯をみても、資金は実質日本の全額負担になるでしょう。

 日本国内の治安を著しく悪化させる事が明白で、然したるメリットが無いプロジェクトに対して、国民の血税から下手をすれば百兆円近い支出が予想されるプロジェクトが容認されて良いものだろうか、もし、このプロジェクトを推進しようとする日本の国会議員が居るのなら、間違いなく売国奴です、他の国の予算で自分の夢を描いて居る非常識さは、お笑い大統領閣下ノ・ムヒョンのネタとして相応しいでしょうが、これが、新しい大統領候補の弁だとは、益々呆れ返るのみです。

 笑って済ませられない事もあります。

 このプロジェクトを推進してきた統一教会は勝共連合とか言ってますが、教祖文鮮明は、金日成と義兄弟の契りを結んでいた似非反共家ですし、あのオウムの麻原の父親や兄は、統一教会の日本支部の幹部なんです。

 日本の「保守」が、日本転覆~支配を企んでいる可能性の高い輩と水面下で握手しているのでは、誰のための「美しい国」なのでしょうか、朝鮮人は、殊、政治に関する限り、決して信用してはイケナイ民族です、彼等の社会に「奉公心」と言うが考えが元々無いからです。

 安倍さんも、半島が左傾化しているから、お祖父様の代からの付き合いだからと言って、無条件に、彼等を近づけてはイケナイと思います、旧態の日韓の癒着構造を再現するのなら、いっそ、韓国とは絶縁した方が、日本の国益になると私は思います。
2007/01/08(月) 16:57 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
 さて、海洋権益を巡る話しですが、EEZ(排他的経済水域)は、国境から12マイル若しくは200マイルの帯状に連なる地域の事を言っていて、日本の領土の数十倍の面積を占めていると言われています(但し、国境からの距離が重複する場合は、戦後に国連で決まった画定域に従う事になっている)。

 06年に起こった南西諸島周辺の海上保安庁の銃撃による不信船の撃沈の際に思った事ですが、最初、停戦命令と発砲警告を発し乍、追跡していた巡視艇のブリッジに目掛けて、逃亡船から対戦車ロケットRPGが発射されました、幸いロケットは外れましたが、当たっていれば巡視艇の艦橋部分は大破して、多くの死傷者が出て、追跡も不能となっていたと思われます、それに先立つ銃撃で負傷した艇長は、名前からしてオソラク学校の後輩でしたので、身勝手かも知れませんが、本当に当たらずに良かったなと思っています。

 逃亡船も、追跡してくる巡視艇がマサカ発砲してくるとは思っていなかったので、RPGを撃ったと思われますし、巡視艇が沈没させうる程度の武器を搭載していないと嵩を括って居た様にも思えました、もし追跡船が、最初から武装した魚雷艇クラスであれば、もしかしたら停船したかも知れませんし、そういう船がパトロールしている海域には近づかないであろうとも。

 つまり、米国の様なコーストガードとして海難救助とEEZ全域の治安活動を併行して出来る、海上保安庁、国防省、外務省を横断する様な組織を新設して欲しい、亦は、海上保安庁を国防省傘下に組み入れる、どちらにせよ、法制を見直して、勿論、国籍に拘わらない逮捕拘束権を賦与して、威嚇射撃や足止めも艇長判断で、相手の火力による反撃が予想された時点で無力化制圧権を与えて欲しい、ソウでなければ、法律自体が国民の生命を守る事にはならないし、世界有数の危険地帯である極東に繋がる領土の何十倍という海域をプロテクト出来ないでしょう。

 海域の探査・監視には、監視衛星・空中監視が最も有効ですが、潜水艦を含む不審船に対する威力を伴う停船命令を、状況に応じた段階的警告と言う制限付きで、認めて欲しい、ソウでなければ、自国の領土さえ現実に護りきれて居ない現実を放置する事になる。

 こういう強力な警戒域には、余程の覚悟無しには、不審船と言う形で船を出せないから、彼等の安全に関しても大きな影響がある筈です、外交や題目ダケで治安が保てるのなら、世界中でそうするでしょう、今や、一番無駄なモノが武器なのは間違いないのですから。
 
2007/01/08(月) 17:43 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
ナポレオン・ソロさまこんばんは。
我が国近海においては、特亜の不審船、不法操業船舶の傍若無人ぶりに歯止めをかけ、厳格な罰則を科することなどを今後徹底していただき、我が国海域の安全の確保を急いでいただきたいと願うばかり。
さて、トンネルの件なのですが、杞憂に終わればそれが一番。
笑い話で済むと感じています。ただ、ナニをしでかすか判らない民族。できないと判れば、次々に訳のわからないことを言い出しそうで、ヤな感じがしますが。。。
ともあれ、本当に近づかないでほしいと、痛切に願うばかりです。
2007/01/09(火) 23:26 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
 海底トンネルを技術的に見た場合についてちょっと調べて見ました。

 現在の世界一の海底トンネルは、2つあって、1つ目は、ご存知の青函トンネルで、1961~1988の27年の工事期間を経て、全長53.85km、最大深度、海底下100m、総予算が'61当初で6,890億円、128億円/キロ掛かっています、もぅ一つは、1986~1994年で完成した、英仏間ドーバー海峡を潜るユーロトンネルが50.5kmで、建設費総額が1兆8千億円で、356.5億/キロです。

 何れも日本の技術陣の成果です、特に後者は、シールド工法と言う新たな掘削マシーンの投入で話題を呼びました、この機械はカナリ巨大な為に使い終わった後は、地中に放置する(引き上げコストが大きいので)のですが、神戸の湾岸を結んだ地下鉄かもめ線にも使われていました。

 さて、今回の韓国の巨済島~九州の佐賀辺りを結ぶ全長235キロの計画が、もし、技術的に妥当なモノだったとして、ユーロトンネルのデータを元に試算すると、8兆3千7百77億5千万と言う数字が出てきます、彼等が試算した8兆円足らずに近い数字になります。

 しかし、地中トンネルを造るのであって、海中トンネルを造るのではないのですから、距離は双方でもっと延びなければなりません、乗り物が連続的に安定した走行・停止を保てる勾配は、精々10度近辺が限界でしょう。

 地図から大凡ですが、海峡最近接部でも150キロ以上あり、アプローチを50キロずつ採った場合で、深度を300mとすれば、200x200と0.3x0.3の和の平方根が300kで、全長はその2倍ですから600キロになります、凡そ、東京大阪間に要する道のりを海底トンネルで造ろうと言う事になりますが、この600キロは飽くまで距離ですから、海峡の構造から本当はそれより複雑で長くなるし、どうしても途中に駅が必要になりますから、他の技術も必要です。

 はっきり言って、ユーロトンネルや青函トンネルとは全く別物とと考えねばならない代物と云えます。

 技術、用途、資金、採算どれをとっても、現実的でなく、朝鮮人の妄想の産物としか言いようがありませんが、もし日本人の手を借りずに朝鮮族だけで是をやり遂げられるのなら、このトンネル工事の難しさから、やり遂げた國こそ世界で、図抜けたトップの技術国であるとの賞賛を得るに相応しい事に同意しますので、その時は大絶賛させていただきます、頑張れ韓国(笑)。
2007/01/10(水) 15:40 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
ナポレオン・ソロさま 追考コメントありがとうございます。

すごいですねぇ。。。
よくぞココまで、と舌を巻いてしまいます。
本当にありがとうございます。

成程、コレを見れば一目瞭然、大変な問題を抱えている構想(妄想)であることが良く判ります。
ユーロトンネルや青函トンネルとは全く別物という点で見ても、一安心。

いやぁ、私も韓国を応援したくなりますね。
頑張れ韓国(笑)。
2007/01/11(木) 01:34 | URL | 日出処の民 #-[ 編集]
話題にしないでください.
2007/09/22(土) 16:15 | URL | 匿名 #-[ 編集]
ラコステの検索サイト。ポロシャツ、アウトレット、店舗、セール、水着などラコステに関する各種情報をお届けしています。 http://handcarved.shipsparesandrepairs.com/
2008/09/10(水) 22:39 | URL | #-[ 編集]
首都圏についての情報を紹介しています。 http://www.shutoken-vision.jp/ 首都圏でゴルフ,転職,日帰り温泉の情報も満載です。
2008/12/08(月) 21:20 | URL | 首都圏 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://premiumkiss.blog81.fc2.com/tb.php/109-ad123767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。